logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【ライブ】情報システム部門配属者向け新入社員研修3~疑似体験編~ (NIS03R)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード NIS03R
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 126,500 円(税込)  115,000円(税別)
期間 5日
コース概要 情報システム部門のメンバーという立場でシステム開発工程を疑似体験します。講師がシステムの利用部門役・上司役・発注先ベンダー役となり、利用部門へのヒアリング、要件定義書の作成、協力会社への発注内容の説明、受け入れテストといった工程を、ロールプレイ形式で実践します。配属後に直面する発注者としての立場を疑似体験することで、現場配属に備えます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.情報システム部門におけるシステム開発工程および開発作業の概要を理解する。
2.関係者(社内/社外)の立場・期待を理解する。
3.グループ作業における立ち居振る舞いやコミュニケーション方法を習得する。
受講対象 情報システム部門に配属される新入社員(入社半年~1年目程度)
関連リンク
前提知識 「情報システム部門配属者向け新入社員研修2 ~要素技術編~」(NIS02L/NIS05L/NIS02R)コースを修了している人。または同等の知識がある人。
注意事項 3コース(※)をすべてご受講いただくことで、各種評価測定や「個人カルテ」の発行が可能となります。※3コース・・・「1~基礎知識編~」(NIS01L/NIS04L/NIS04R)、「2~要素技術編~」(NIS02L/NIS05L/NIS05R)、「3~疑似体験編~」(NIS03L/NIS06L/NIS06R)
本コースは全教材において、電子教材を使用します。紙教材は使用しません。
『新入社員専用カリキュラム』のお申込みは、「新入社員研修専用カリキュラム申込書」をご利用ください。お申込要領は新入社員研修サービスサイトのお申込方法をご覧ください。
『新入社員専用カリキュラム』のお申込締切日は、講習会開始日の10営業日前です。Webサイトからのお申込みの締め切り日は講習会開始日の12営業日前です。締切日以降のお申込みは、お客様総合センター(電話番号:0120-55-9019)へご相談ください。
本コースはオンライン(ライブ配信)です。ご自宅やサテライトオフィス でご受講いただくコースです。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <前提コース>情報システム部門配属者向け新入社員研修2~要素技術編~
<前提コース>【ライブ】情報システム部門配属者向け新入社員研修2~要素技術編~
関連コースマップ 新入社員/若手社員-新入社員のための専用カリキュラム
関連情報 新入社員研修ライブ配信コースのご紹介
春の開催スケジュール・会場
秋の開催スケジュール・会場
お申込み方法
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/10/27   09:00 - 17:30
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】AWS Cloud Practitioner Essentials (ULC60R)
    このコースは、特定の技術領域ではなく、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドを全体的に理解したい方を対象としています。受講者は、AWS クラウドの概念、AWS のサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートについて学習し、AWS クラウドについての知識を深めます。この...
  • 【ライブ】情報セキュリティ対策実践 基礎から学ぶセキュア環境構築・運用入門編 (ULD40R)
    情報セキュリティ上のリスクは、企業や組織、団体に大きな被害や影響をもたらすため、適切な予防と事後対応が事業活動の中で必要不可欠となっています。本研修では、情報セキュリティ対策を進めていく上で基本となる、アクセス制御技術、認証技術、暗号利用技術、ウイルス対策技術などの...
  • 【ライブ】データベース基礎 (ULD37R)
    製品に特化しないデータベースの特徴やデータベース管理システムの機能など、データベース全般の基本知識とリレーショナルデータベースの操作言語であるSQLの基本文法を学習します。実習では、実際にSQLを使用し、表の作成から、表の操作(データの検索、追加、更新、削除)、表の削除まで...