logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【集合】システム開発の基礎 (UAS25L)


アプリケーション開発(上流~下流まで)工程の全体像を短期間で修得できるコースです。アプリケーション開発のプロフェッショナルを目指す方の初めの一歩は、このコースの受講からです!
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UAS25L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 47,520 円(税込)  43,200円(税別)
期間 1日
コース概要 情報システム開発の入門・基礎知識を学びます。情報システムの変遷や目的、代表的な開発手法、開発の全体像および各工程の作業内容などについて、講義と演習により学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.情報システムの変遷と目的を説明できる。
2.代表的な開発手法について説明できる。
3.情報システム開発の工程それぞれの概要を説明できる。
受講対象 情報システム開発プロジェクトに参画する人。
関連リンク
お客様の声
前提知識 情報システムの入門的な知識がある人。
注意事項 システム基盤(ITインフラ)について学習するコースではありません。システム基盤を学習いただけるコースは、「システム基盤(ITインフラ)要素技術の基礎」などになります。
プロジェクト管理手法を学習するコースではありません。プロジェクト管理手法を学習いただけるコースは、「プロジェクトマネジメントの基礎」などになります。
情報処理技術者試験の資格取得を目指すコースではありません。コースマップ「情報処理技術者試験対策講座」などをご検討ください。
「情報システム部門配属者向け新入社員研修2~要素技術編~」コースを受講済みの方は、内容が重複するため受講の必要はありません。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <上位コース>【集合】システム設計の基礎
関連コースマップ 上流/テスト(システムエンジニア)-システム開発全般
ITSSレベル 【共通スキル】  -  テクノロジ/メソドロジ  [1]
関連情報 本コースのサテライトコース
本コースのe講義動画
本コースのライブコース
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/10/04   2022/11/04   2022/12/05  
2023/01/16   2023/03/06  
09:30 - 17:00
名古屋 2022/11/07   2023/01/23   09:30 - 17:00
大阪 2022/10/06   2022/11/18   2023/03/02  
09:30 - 17:00
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【集合】プログラム開発におけるレビュー・テスト技術の基礎 (UZS08L)
    プログラムの品質を確保するためのレビューとテストの基本的な技術(レビューの進め方、テスト技法)について、講義と演習を通じて学習します。演習はグループ形式でレビューやテスト技法の確認・テスト項目抽出・品質評価などを行い、講義内容の理解を深めます。
  • 【集合】システム設計の基礎 (UAS28L)
    システム設計工程での作業内容、作業手順、およびその基本的な考え方について、システム設計技術をもとにした説明によって学習します。
  • 【集合】プロジェクトマネジメントの基礎 (UAP47L)
    プロジェクトの開始から終了までの全体的な流れ、およびその流れの中でのプロジェクトマネージャとして、意識するべき観点について、講義を中心に基礎的な事項を学習します。〔PDU:Ways of Working 7〕