logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  ITIL(R)4ファンデーション(試験センター受験バウチャーつき)(eラーニング) (UAW02D)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UAW02D
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 75,020 円(税込)  68,200円(税別)
期間 90日 標準学習時間 12時間
コース概要 ITIL4ファンデーションの内容を講義のビデオやアニメーションを通して学習することができます。また、認定資格のための学習を提供するだけではなく、ITIL4が職場環境とどのように関係しているかを理解することができます。ITIL4ファンデーションは従来のITILv3を学んでいる方(約20万人)だけが対象でなく、DXやDevOps/Agileについても言及されているため、それらの分野に関心のある方のニーズに対応することもできます。コース受講後、試験センターであるプロメトリックのWEBサイトから任意の日時を予約していただくことにより、ITIL4ファンデーション認定試験を試験センターで受験いただきます。〔PDU:Technical 2、Leadership 2、Strategic 2〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ITIL4の基本概念を理解できる。
2.ITIL4ファンデーション資格が取得できる。
受講対象 時間、場所問わずITIL4を学びたい方、ITILv3の資格保持者、DXに興味を持っている方
動作環境 【提携先の動作環境】OS×ブラウザ:Windows8.1・10×IE11・Edge・Chrome、iOS×Mobile Safari 音声:あり
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 本コースは、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックとの提携コースです。
ITIL4ファンデーション認定試験受験の際は、本人確認資料として免許証、社員証など顔写真と氏名が確認できるものが必要です。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。受講者変更はコース開始日の9営業日前までとなります。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
関連コース
関連コースマップ ITサービスマネジメント-資格取得(ITIL(R))
関連情報 PDU申請時のProvider No.、Activity No.は、「PDU対象コース【eラーニング】一覧」をご参照ください。
開催スケジュール
日程
2021/10/25   2021/11/01   2021/11/08   2021/11/15  
2021/11/22   2021/11/29   2021/12/06   2021/12/13  
2021/12/20   2021/12/27   2022/01/11   2022/01/17  
2022/01/24   2022/01/31   2022/02/07   2022/02/14  
2022/02/21   2022/02/28   2022/03/07   2022/03/14  
2022/03/22   2022/03/28  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • コンサルティングスキル養成~分析力/仮説思考編~ (UAU55L)
    近年、複雑化するビジネス環境において、ソリューションビジネスを創出するためには、コンサルティングスキルの活用がますます重要となっています。コンサルティングの基本となるフレームワークと分析力について基礎的なツールの活用から応用まで、その活用方法について学習します。また...
  • Linuxシステムの導入と管理 (UMO04L)
    Linuxの概要からインストール、ユーザー登録、ソフトウェアの追加、ファイルシステムの管理、ネットワーク設定について講義と実習で学習します。実習では、RedHat系OSを使用し、1人1台のPCにインストールし、その後、ユーザー登録、ソフトウェアの追加、ファイルシステムの管理、ネットワ...
  • 【e講義動画】【Javaプログラマー早期育成シリーズ】基本文法2 (UVC59D)
    Java言語によるオブジェクト指向プログラミングについて、従業員情報検索のWebアプリケーションを題材に学習します。 即習得・即実践を目標に、Webアプリケーション開発において頻繁に使用する文法に的を絞って解説します。実習では、実際にプログラムを作成して理解を深めます。