logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

Pythonによるデータ分析入門 (UBU08L)


本コースは2022年6月よりコース情報の一部改定のため、コースコード、コース名が変更になります。変更後の詳細は関連情報よりご参照ください。
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU08L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 46,200 円(税込)  42,000円(税別)
期間 1日
コース概要 近年、Pythonはデータサイエンティストの中で、標準的なデータ分析の手段として活用されています。本コースでは、Pythonを使ったデータ分析の基礎を学習します。「Pandas」「matplotlib」「scikit-learn」といったライブラリを使ってデータを分析するための知識を演習を通して身につけます。今後、Pythonを使って機械学習によるデータ活用を目指す方にとっての入門コースです。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Pythonにおけるデータ分析の特徴を説明でき、代表的な開発環境である「Jupyter Lab」の基本操作ができる。
2.「Pandas」ライブラリの特徴と使い方を説明でき、それらのライブラリを使って基本的なデータ処理ができる。
3.「matplotlib」ライブラリの特徴と使い方を説明でき、「matplotlib」ライブラリを使って基本的なデータの可視化ができる。
4.「scikit-learn」ライブラリの特徴および、各機械学習の手法に共通的な使い方の流れの説明ができる。
受講対象 これからPythonを使ったデータ分析を始めたい方、またはPythonの代表的なデータ分析ライブラリの特徴を知りたい方
関連リンク
お客様の声
前提知識 「【オンデマンド実習】データ分析のためのPython基本文法(UOL01B)」コースを受講済み、あるいは同程度の知識があること。具体的には、Pythonで変数、配列(リスト)、制御構文(条件分岐、繰り返し)を実装できること。
注意事項 初めてデータ分析を学習される方は、「ビジネス分析のための統計学(UAU49L/UVC01D)」もあわせてご受講いただくことをお勧めします。統計学の基礎知識を事前に学習してから本コースをご受講いただくことで、理解を深めることができます。
本コースでは、数学的なアルゴリズムは扱いません。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <前提コース>【オンデマンド実習】データ分析のためのPython基本文法
<上位コース>Pythonによる機械学習システム構築入門~学習モデル作成からAPI化~
関連コースマップ システム基盤共通-データサイエンス
関連情報 本コースのe講義動画
本コースのサテライトコース
本コースのライブコース
2022年6月より、コースコード、コース名が変更になります。詳細は「Pythonによるデータアナリティクス ~Step1 可視化・解釈編~」(UBU63L)コースをご参照ください。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • データサイエンス入門~データ活用の観点と代表的な分析手法~ (UBU17L)
    本コースでは、さまざまなデータをビジネスに活用するための方法論「データサイエンス」について学習します。データ利活用人材の共通認識としての分析知識・スキルを実機操作を交えて身に付けます。加えて、ビジネスに活用する観点をケーススタディを基に学習します。AIを含むデータ利活...
  • アジャイル開発 はじめの一歩 (UBS77L)
    アジャイル開発に取り組む前に、押さえておきたい基本的な考え方を説明します。また、アジャイル開発に対するよくある誤解や不安に思われることをピックアップして解説します。