logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【集合】データサイエンス入門~データ活用の観点と代表的な分析手法~ (UBU17L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU17L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 110,000 円(税込)  100,000円(税別)
期間 2日
コース概要 本コースでは、さまざまなデータをビジネスに活用するための方法論「データサイエンス」について学習します。データ利活用人材の共通認識としての分析知識・スキルを実機操作を交えて身に付けます。加えて、ビジネスに活用する観点をケーススタディを基に学習します。AIを含むデータ利活用人材にとってベースとなる知識・スキルを2日間で習得できます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.分析計画立案の流れ・考慮事項を説明できる
2.データ加工・分析の代表的な手法を説明できる
3.分析課題に対して、どのような分析手法を適用できるかを選択できる
受講対象 AIを含むデータ利活用に関わるビジネスパーソン。たとえば、データ利活用プロジェクトのリーダーまたはICTの専門家(SE、情報システム部門)、現場の改善に関わる方、これから分析の専門家に従事する方、など。
関連リンク
お客様の声
前提知識 特にありませんが、次の技能・知識があることを推奨します。(1)Microsoft Excelなどの表計算ソフトウェアを操作できること(2)一次関数、累乗、平方根などの中等教育程度の算数・数学の知識があること(高等教育の数学は必要ありません)
注意事項 「データサイエンスの基礎~データの収集、分析、評価~」(UBS57L)コースを受講済みの方は、内容が重複するため受講の必要はありません。
本コースでは、数学的なアルゴリズムは扱いません。
相関や回帰分析、t検定などは、「Excelで学ぶ統計学入門」、「ビジネス分析のための統計学入門」コースと内容が重複します。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース
関連コースマップ システム基盤共通-データサイエンス
関連情報 本コースのe講義動画
本コースのサテライトコース
本コースのライブコース
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/10/11   2022/11/14   2022/12/15  
2023/01/23   2023/02/20  
09:30 - 17:30
名古屋 2022/11/28   2023/02/16   09:30 - 17:30
大阪 2022/10/17   2023/02/06   09:30 - 17:30
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています