logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

DevOpsプロフェッショナル<含認定試験> (UBU37L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU37L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 165,000 円(税込)  150,000円(税別)
期間 2日
コース概要 EXIN DevOpsプロフェッショナル認定試験対応コースです。ITサービスの俊敏さと品質を改善するためにDevOpsを採用または採用を検討している方向けのコースです。DevOpsの基本概念から実装に必要な知識までを網羅します。DevOpsの原則である3つの道(第1の道:フローの原則、第2の道:フィードバックの原則、第3の道:継続的な学習と実験の原則)をわかりやすく解説します。DevOpsに関わる人材やプロセス、テクノロジーはもちろん、DevOps導入のための具体的な手順を提案します。研修は講義とディスカッション演習で構成されています。ベンダーに依存しないトレーニングです。最終日にEXIN DevOpsプロフェッショナル認定試験を実施します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.DevOpsの基本概念、DevOpsのゴールとビジネス利益を習得する
2.DevOpsの原則である3つの道を理解して、実装するための知識を習得する
3.DevOpsのために必要とされる変化、DevOpsに必要なプロセス、ツール、人材、カルチャ、DevOps成熟モデルについて習得する
4.DevOpsに適した情報セキュリティ、変更管理について習得する
受講対象 ・上級ITマネジメント、IT開発スタッフ、IT運用スタッフ、IT責任者、経営者、ビジネスプロセスの責任者 ・DevOpsが顧客の成功にどのように貢献できるかを理解したい方 ・DevOpsを採用した組織で、より効果的な運用を求められるITプロフェショナル
前提知識 基礎的なコンピューター環境の知識と経験。アジャイル開発やITSMの概要を知っていると理解がしやすいですが、必須ではありません。
注意事項 本コースは、日本ヒューレット・パッカード合同会社との提携コースのため、提携先で開催します。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の7営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は9営業日前です。
受講票は当日必ずお持ちください。HP本社1Fエントランスの総合受付カウンターにトレーニング受付がございます。トレーニング受付に受講票をご提示ください。
旧「DevOpsブートキャンプ」(UBU11L)コースと、内容が一部重複します。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ システム運用管理-DevOps
関連情報 本コースのライブコース
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています