logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

データ活用人材育成プログラム~ケースで鍛えるビジネスへのデータ応用力~ (UBU48L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU48L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 184,800 円(税込)  168,000円(税別)
期間 3日
コース概要 データサイエンティストが持つべきスキルは、「ビジネス力」、「データサイエンス力」、「データエンジニアリング力」と言われています。本コースは課題解決型でデータ分析結果を基にビジネス改善の提言をするトレーニングを行います。ビジネスサイドの観点とデータサイドの観点の両面からフィードバックを受けることで、データを実務に活かす観点やスキルを身につけます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ビジネスのケースから問題・課題を明確化することができる
2.既知のデータ分析手法を、実ケースに応用することができる
3.データサイエンスをビジネスに適用するための今後のアクションプランを作成できる
受講対象 ビジネス上の何らかの仮説から提言をする必要がある方で、データから主張することを求められている企画者。
前提知識 「データサイエンス入門~データ活用の観点と代表的な分析手法~(UBU17LまたはUHD47D)」を受講済み、あるいはデータの可視化、基本統計量に関して知識を持っていること。回帰や分類、クラスタリングについて説明できる程度の知識を持っていることが望ましい。
注意事項 2021年度は後述の日程となります。2日目から3日目の間はフリーのグループワーク期間となります。必要であればグループでコミュニケーションの機会を設定していただきます。 【9月開催分】7日、8日、22日 【11月開催分】9日、10日、24日 【3月開催分】1日、2日、16日
本コースはアウトプット中心のワークショップ型で進めます。2022年3月までの開催につきましては、「水産物販売会社」のデータを基にした課題解決実践を行う予定です。
当日のマシン環境は、Microsoft Excel、Power BI、Weka、R、Python3(Anaconda)を用意いたします。グループ活動期間中に分析を行う場合、環境は受講者様個人でご用意ください。
グループワーク期間中におけるコミュニケーションはSlackを用意する予定です。利用には有効なメールアドレスが必要になりますので、開催初日までにご用意いただくことを推奨します。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>データサイエンス入門~データ活用の観点と代表的な分析手法~
関連コースマップ システム基盤共通-データサイエンス
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/09/07   2021/11/09   2022/03/01  
09:30 - 17:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。