logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  ニフクラ/FJcloud-V講座 入門編 ハンズオン(認定試験つき) (UBU50L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU50L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 36,300 円(税込)  33,000円(税別)
期間 1日
コース概要 ニフクラは、VMwareのテクノロジーをベースとした、国産のパブリッククラウドコンピューティングサービスです。高いパフォーマンス、従量課金制、必要に応じて利用・停止できるオンデマンド性などの特徴を、講義によって理解し実習で操作を体験します。最後に認定試験を実施します。本試験に合格することで、「ニフクラ/FJcloud-V認定資格」および 富士通ソフトウェアマスター「FUJITSU Certified Professional Cloud (Cloud Infrastructure)」認定資格を取得(注1)できます。本講座を受講することで、ニフクラ基盤をベースとしたサービス「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-V」の学習も可能です。注1) 富士通ソフトウェアマスター「FUJITSU Certified Professional Cloud (Cloud Infrastructure)」認定資格の取得には、「認定申請」の手続きが必要です。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ニフクラの機能・特長を理解する。
2.ニフクラの基本操作を理解する。
3.ニフクラ上でシステム構築する。
合格点 60
受講対象 これからニフクラ/FJcloud-Vの仮想サーバー、ネットワークなどを用い、システムを提案する営業・構築するエンジニアの方。
前提知識 クラウドの基礎知識(IaaS / PaaS / SaaSの違い、パブリッククラウド / プライベートクラウドの違いなど)がある方。
注意事項 本コースを受講し、合格することでニフクラ/FJcloud-V認定資格取得者として認定されます。
本コースは、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社との提携コースです。コース実施・運営のため、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社に受講者情報を提供します。
本コースは旧「ニフクラ実践入門 」(UBU19L)と同等コースです。
「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-V」:https://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/fjcloud/-v/
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <上位コース>ニフクラ/FJcloud-V講座 上級編 ハンズオン(認定試験つき)
<上位コース>ニフクラ/FJcloud-V講座 上級編 eラーニング(認定試験つき)
関連コースマップ システム基盤共通-クラウドコンピューティング
関連情報 富士通ソフトウェアマスターの資格認定のため、本コースの受講者情報を富士通株式会社へ提供します。予めご了承ください。
【富士通ソフトウェアマスター】https://www.fujitsu.com/jp/products/software/resources/swmaster/
富士通ソフトウェアマスターの資格取得には「認定申請」が必要です。本コースの認定試験に合格された方は、以下のサイトより、「認定申請」の手続きをお願いします。
【富士通ソフトウェアマスター 認定申請】https://www.fujitsu.com/jp/products/software/resources/swmaster/passing/procedure/
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/07/02   2021/08/23   09:30 - 17:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています