• 受講スタイルアイコン
  • New
  • コースコード:
    UCV30R

【ライブ】SC-300 Microsoft ID およびアクセス管理者

受講スタイル
ライブ研修
レベル:
応用・実践
学習期間
4日間
演習割合 講義5:演習5
演習割合 講義5:演習5

¥264,000 (税込)

¥240,000 (税別)

受講対象者

  • Microsoft クラウドにおいて IDおよびアクセス管理に携わる、セキュリティ エンジニア、Azur AD システムの設計/提案/構築者、プロジェクト マネージャー、Azure のアプリ開発者、クラウド アプリ管理者、Azure AD 管理者、および 「Identity and Access Administrator Associate」 認定を目指す、中級以上のエンジニア
前提知識
● 次の基礎知識があることを前提としています。 - セキュリティのベストプラクティスや業界のセキュリティ要件、セキュリティ概念の一般的な知識 (ゼロ トラスト、多層防御、最小特権アクセス、クラウドの共同責任モデルなど)- Active Directory、認証、認可(承認)などの、ID の概念● Azure システム固有の内容が含まれるので、次の知識およびご経験が必要です。 - Azure の基本知識、 Azure ポータル、Azure Cloud Shell(Azure PowerShell、Azure CLI)の基本操作 - Azure ワークロード(仮想マシン、アプリケーション、データ、アプライアンスなどの集まり)のデプロイ経験 ※ このコースでは、Azure管理の基本および操作についての解説はありません。 事前に 「Microsoft Azure Administrator(UCV14R)」 コースを受講することを強くおすすめいたします。

コース内容

下記 URL より PDF をダウンロードし、事前に演習環境に接続可能なことをご確認の上、お申込みください。事前確認PDFファイル(https://jinzai.edifist.co.jp/download/textbook/MSCSC300/pre/MSCSC300_check.pdf)このコースでは、講義とハンズオン演習を通じて「Azure Active Directory(Azure AD)」 を “広く 深く” 学習します。Azure AD の一通りの機能を理解し、Microsoftクラウド(Microsoft Azure および Microsoft 365)システムにおける Azure ADの ID/アクセス管理システムを設計/実装/運用/監視できるようになることが目標です。 ※ このコースは、マイクロソフトの認定コース 「SC-300 : Microsoft Identity and Access Administrator」 です。

到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  • 1.「Microsoft の ID/アクセス管理者」 に必要な、次のことができるようになること。● Azure AD テナントの管理、および Azure AD の一通りの機能の理解
  • 2.● Azure AD を使用した組織の ID/アクセス管理システムを設計/実装/運用/監視(OpenID Connect、パスワードレス認証、多要素認証、ID の脅威対策、条件付きアクセス など)
  • 3.● Azure で開発したアプリケーションに対するセキュリティで保護された認証/認可の実装、および Azure リソース間の認証/認可
  • 4.(Azure AD 登録、OAuth 2.0 の同意、サービス プリンシパル、マネージド ID など)● SaaS アプリ(SAML ベース、パスワード ベース)やオンプレミス アプリ(アプリケーション プロキシ)との統合
  • 5.● ID ガバナンス ソリューション(エンタイトルメント管理、特権管理、アクセス レビュー)の実装 など

開催スケジュール

日程(開始日)
時間
2024/07/22 2024/09/17 2024/11/18 2025/01/20 2025/03/03 09:30 - 17:30

ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります(半日、短時間コースは除く)。

注意事項

  • お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前、Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。マイクロソフト社の公式テキストはインターネット上で公開されます。事前に閲覧用のURLをお送りします。
  • エディフィストラーニング株式会社との提携コースのため、提携先で開催します(ライブ配信)。コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
  • 必ず、事前確認PDFファイルの作業をご確認のうえ、コースをお申し込みください。Microsoft社よりポリシー変更により本演習で使用するMicrosoft 365 環境において多要素認証を課すとの通知がありました。
  • アプリをインストール可能なスマートフォンをご準備いただき、ご設定お願いいたします(Microsoft Authenticator というモバイルアプリケーションを使用します。※ コースをお申込みいただいた時点で、下記の事前準備が完了したものと判断させていただきます。
  • ■MSCSC300 の事前確認PDFファイル (https://jinzai.edifist.co.jp/download/textbook/MSCSC300/pre/MSCSC300_check.pdf)■多要素認証設定用PDFファイル(https://jinzai.edifist.co.jp/download/textbook/authenticator/Setting.pdf)

ご受講にあたって

当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。
なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、「注意事項」にてご確認ください。

受講スタイル

  • 集合研修
    集合研修

    会場に集まって学び合う対面形式の研修コース

  • ライブ研修
    ライブ研修

    インターネットを介して学び合う同期型の研修コース

  • サテライト講習会
    サテライト講習会

    インターネットを介して複数の会場からライブ配信でご受講する研修コース

  • ブレンド研修
    ブレンド研修

    複数の受講スタイルを組み合わせた研修コース

  • eラーニング
    eラーニング

    インターネットを介して学ぶ非同期型の研修コース

  • 実習付きeラーニング
    実習付きeラーニング

    Web上などで実機演習ができる非同期型の研修コース

  • e講義動画
    e講義動画

    当社集合研修の講義を撮影した動画コンテンツで学ぶ非同期型の研修コース

  • 通信教育
    通信教育

    課題提出・添削等を行う非同期型の研修コース

  • スキル診断
    スキル診断

    ITに関する実務能力や技術力を測定するアセスメント

  • 自習書
    自習書

    自己学習のための書籍や教材

  • チケット
    チケット

    資格受験や研修コース受講のためのチケット等

  • メディア
    メディア

    CD-ROMやDVDに入った学習ツール

閉じる×