logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

ロジカルWebデザイン実践~サイト閲覧者を引き込む”手法”~ (UJS31L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UJS31L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 55,000 円(税込)  50,000円(税別)
期間 1日
コース概要 サイト閲覧者を引き込む“設計”について学習します。Webデザイン特有の知識(レイアウト、ゾーニング、ラベリング等の項目)を、プロトタイプ作成までのワークフローに沿って学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Webデザインの決定にかかわる関係者とコミュニケーションを取ることができる。
2.サイト閲覧者を引き込むWebデザインの“設計”について理解する。
3.サイトマップ、ガイドラインについて理解する。
4.レイアウト、配色、ラベリング、ゾーニングについて理解する。
5.プロトタイプを作成できる。
受講対象 企業内のWebサイトにかかわる方。
前提知識 「ロジカルWebデザイン概論~サイト閲覧者が引き込まれる”理由”~」(UJS20L)コースを修了、またはユーザビリティ、アクセシビリティの知識があること。
注意事項 旧「ロジカルWebデザイン実践~サイト閲覧者を引き込む”手法”~」(UJS21L)コースをご受講済みの方は、内容が重複するため受講の必要はありません。
本コースは、株式会社フジスマートワークとの提携コースのため、提携先で開催します。お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <前提コース>ロジカルWebデザイン概論~サイト閲覧者が引き込まれる”理由”~
関連コースマップ Webコンテンツ開発技術-Webサイト企画/構築
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/01/20   2022/02/17   2022/05/19  
2022/07/14   2022/09/15  
10:00 - 16:00
ご受講前に「講習会受講票」で開始・終了時間、集合研修の場合は、併せて会場(教室番号)を必ずご確認ください。なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
※「講習会受講票」については、開始日の1週間前までにご案内いたします。(新入社員研修を除く)
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • デザイン思考の基礎 ~ビジネス価値を見出すために~ (UAF87L)
    現在、「デザイン」という概念は製品から、サービスやデジタル・ビジネスにまで拡張されつつあります。本コースでは、幅広い視野からイノベーションを創出する方法論として注目されている「デザイン思考」について、[観察→直観や内省によるコンセプトづくり→実現のためのモデル化]という...
  • ロジカルWebデザイン特論 スマートフォン編 (UJS41L)
    現在、スマートフォンの台数は飛躍的に伸びており、今後もこの傾向は加速すると見られています。ビジネスでWebを活用するユーザー(発注側)企業にとっても、制作を担当するベンダー・プロダクション(受注側)企業にとっても、十分に経験を積んできたPCサイトやフィーチャーフォン(い...
  • PythonによるWebアプリケーション開発 (UJS63L)
    PythonによるWebアプリケーション作成やデータベース連携を講義と実習によって学習します。フレームワークとして、Flaskおよびdatasetを使用します。フレームワークを用いることで、効率的に開発します。