logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

組込みソフトウェア開発における要求仕様定義 (UOT21L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UOT21L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 0円 (税別)   +
期間 2日
コース概要 組込みソフトウェア開発では、開発の途中における仕様漏れ、仕様変更・追加、テスト不足など要求仕様に起因する問題が発生し、QCD(品質・コスト・納期)に影響を与えています。本コースでは、要求仕様の不備に起因する問題発生を極力抑えることを目的とし、要求抽出におけるヒアリングと、ソフトウェア要求仕様書の作成における曖昧性を除いた要求仕様の作成技術を講義と組込み製品の開発を題材としたグループ演習によって学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.曖昧なソフトウェア要求仕様がもたらす問題を理解し、曖昧性の少ないソフトウェア要求仕様を作成できる。
2.利害関係者からソフトウェア要求に関するヒアリングを行い、整理・分類できる。
3.組込みソフトウェアの派生開発における要求仕様を作成できる。
受講対象 組込みソフトウェア開発において、要求仕様の作成を担当する方
前提知識 組込みソフトウェアの開発において、設計・テスト・実装のすべてのプロセスを経験したことがあること。
注意事項 ※本コースは、オンサイト・トレーニング(お客様個別開催研修)専用コースです。受講料は別途お見積りとなります。開催をご希望の場合は、当社営業担当またはお客様総合センターまでお問い合わせください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ 組込みソフトウェア技術-開発技術