logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【集合】Webサイトへのサイバー攻撃と痕跡調査~実機による攻撃体験と痕跡調査/対応 (USA79L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード USA79L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 198,000 円(税込)  180,000円(税別)
期間 2日
コース概要 Webサイトに対する様々なサイバー攻撃の手口を包括的に実機を使って学習します。サービス妨害攻撃、パスワードクラッキング、Webサイト改ざん、情報窃取、ミドルウェアやWebアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃手口を全て実機で体験することができるため、Webサイトに対する脅威を包括的に具体的に確認できます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.近年のWebサイトへの攻撃手口を理解し説明できる。
2.攻撃者が行う調査の手口を理解し対策ができる。
3.攻撃者が行うサービス妨害の手口を理解し対策ができる。
4.攻撃者が行うパスワードクラック攻撃の手口を理解し説明できる。
5.攻撃者が行う脆弱性を悪用した攻撃の手口を理解し対策ができる。
6.攻撃者が行う不正アクセスと改ざんの手口を理解し対策ができる。
7.攻撃者が行う不正アクセスと情報窃取の手口を理解し対策ができる。
8.攻撃者が行うWebアプリケーションへの攻撃手口を理解し対策ができる。
受講対象 情報システム部門の方、Webサイトの運営部門/開発部門、セキュリティ管理部門の方、サイバー攻撃対策部門の方
前提知識 ネットワーク、Web、最低限のLinuxの知識を有すること。
注意事項
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <前提コース>【集合】サイバー攻撃におけるインシデント対応~疑似環境を用いた解析~
関連コースマップ 情報セキュリティ-情報セキュリティ対策・サイバー攻撃対策
関連情報 本コースのライブコース
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/09/29   09:30 - 16:30
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【集合】PythonによるWebアプリケーション開発 (UJS63L)
    PythonによるWebアプリケーション作成やデータベース連携を講義と実習によって学習します。フレームワークとして、Flaskおよびdatasetを使用します。フレームワークを用いることで、効率的に開発します。