logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

Systemwalker活用による運用管理実践(システム管理) (UUW74L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UUW74L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 91,200円 (税別)   +
期間 2日
コース概要 システムの統合運用管理における主要なライフサイクル管理(Systemwalker Centric Manager)、ITサービス管理(Systemwalker Cloud Business Service Management)について、製品連携も含め、設計から構築、運用までを実践的な実習により学習します。また、Master(マスター)資格取得対応(前提)コースであり、資格取得に向けて必要スキルを習得することができます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Systemwalker Centric Managerによる他製品との連携まで含めた高度なシステム監視環境の設計ができる。
2.Systemwalker Cloud Business Service ManagementによるシステムのITサービス管理(インシデント管理から構成・変更管理まで) 設計、構築ができる。
受講対象 Systemwalker Centric ManagerおよびSystemwalker Cloud Business Service Managementを使用したシステム統合運用管理に携わり、設計から担当する方。FUJITSU Certified Middleware Master 運用管理(システム管理) V1 認定取得を目指す方。
前提知識 1.「Systemwalkerによるインシデント・変更・リリース管理プロセスの実践」コースを修了、または同等のスキルを有すること。2.「Systemwalkerによるサーバ監視/性能管理」コースを修了、または同等のスキルを有すること。3.Systemwalker Centric ManagerおよびSystemwalker Cloud Business Service Managementによるシステム統合運用管理のスキルを有すること。
注意事項 本コースは旧「Systemwalker活用によるシステム統合運用管理実践」(UUW45L)コースの後続のため、内容が重複する部分があります。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>Systemwalkerによるインシデント・変更・リリース管理プロセスの実現
<前提コース>Systemwalkerによるサーバ監視/性能管理
関連コースマップ システム運用管理-Systemwalker
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2019/12/19   2020/03/05   09:30 - 17:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。