logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

新入社員のためのフォローアップ研修~プロフェッショナルを目指して~ (NFU04L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード NFU04L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 66,000 円(税込)  60,000円(税別)
期間 2日
コース概要 配属後の仕事の進め方や周囲とのコミュニケーションを振り返り、ビジネスパーソンとしての姿勢と行動を確認します。演習やロールプレイをとおして、自分自身が成長し続けるためには何が必要なのかを学び考えます。その上で、今後のプロフェッショナルを目指すための具体的なアクションプランを立案します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.配属後の現状を振り返り、ビジネスパーソンとしてあるべき姿や行動を考える。
2.プロフェッショナルとして求められる行動を学び、自分に必要なものを認識する。
3.プロフェッショナルを目指すための具体的なアクションプランを立案する。
受講対象 新入社員(入社半年~1年目程度)
関連リンク
前提知識 「新入社員のためのシゴトのキホン」の4コース(NAI21L/NAI21R~NAI24L/NAI24R)、「ビジネススキル総合演習++」(NAI29L)および「新入社員のためのITプロへの第一歩~最新技術動向とビジネス作法~」(NBI17L/NBI18L/NBI17R)を修了している人、または同等の知識がある人。
注意事項
本コースは紙教材コースのみです。電子教材コースはありません。
『新入社員専用カリキュラム』のお申込みは、「新入社員研修専用カリキュラム申込書」をご利用ください。お申込要領は新入社員研修サービスサイトのお申込方法をご覧ください。
『新入社員専用カリキュラム』のお申込締切日は、講習会開始日の10営業日前です。Webサイトからのお申込みの締め切り日は講習会開始日の12営業日前です。締切日以降のお申込みは、お客様総合センター(電話番号:0120-55-9019)へご相談ください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>新入社員のためのITプロへの第一歩~最新技術動向とビジネス作法~
<前提コース>新入社員のためのITプロへの第一歩~最新技術動向とビジネス作法~
関連コースマップ 新入社員/若手社員-新入社員のための専用カリキュラム
関連情報 開催スケジュール・会場お申込み方法
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/11/11   2021/12/06   09:00 - 17:30
大阪 2021/12/09   09:00 - 17:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 相手に伝わる!ビジネス文書の極意 ~論理的な文書の組み立て方~ (UZE87L)
    相手に伝わるビジネス文書を作成するために必要なスキルを、講義と演習を交えて学習します。ビジネス文書の作成には、特に文書の目的を意識し、構成を設計してから執筆することの重要性を学びます。講義では、構成を論理的に組み立てる考え方と相手に主旨を明確に伝える表現方法を学習し...
  • UNIX/Linux入門 (UMI11L)
    UNIXおよびLinuxシステムの概要、基本的な使用方法(基本コマンド、ファイル操作、ネットワークコマンド、シェルの利用法など)を学習します。
  • IoT時代の無線LAN ~基礎、構築トレーニング~ (UJE82L)
    無線LANの基礎知識、設計のポイント、運用管理方法と併せて、IoT時代の新たな無線ネットワーク技術の概要について学習します。富士通製アクセスポイント(SR-M20APシリーズ)を用いて無線LANシステムを構築し、基本構成の構築に加え、セキュリティ対策、信頼性向上、運用管理のための機能...