logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

情報システム部門配属者向け新入社員研修1~基礎知識編~ (NIS04L)


本コースは紙教材を使用します。電子教材をご希望の場合は、別コースコードになりますのでご注意ください。
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード NIS04L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 132,000 円(税込)  120,000円(税別)
期間 5日
コース概要 情報システム部員に求められる役割・スキルを認識したうえで、ICTに関する基礎知識、最新動向、プログラミングの基礎知識などICTの基礎知識・スキルを講義と演習によって習得します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.企業における情報システム部門の役割と部員に求められるマインド・スキルを理解する。
2.ICTの基礎知識(ハード、ソフト、OS、ネットワーク、データベース)を理解する。
3.ICT関連の技術動向やキーワードを知ることの重要性を説明できる。
4.基本的なプログラムが作成できる。
受講対象 情報システム部門に配属される新入社員
関連リンク
前提知識 特に必要ありません。
注意事項
3コース(※)をすべてご受講いただくことで、各種評価測定や「個人カルテ」の発行が可能となります。※3コース・・・「1~基礎知識編~」(NIS01LまたはNIS04L)、「2~要素技術編~」(NIS02LまたはNIS05L)、「3~疑似体験編~」(NIS03LまたはNIS06L)
本コースの教材はすべて紙教材です。電子教材での受講をご希望の方は、電子教材コースコード「NIS01L」でお申し込みください。
『新入社員専用カリキュラム』のお申込みは、「新入社員研修専用カリキュラム申込書」をご利用ください。お申込要領は新入社員研修サービスサイトのお申込方法をご覧ください。
『新入社員専用カリキュラム』のお申込締切日は、講習会開始日の10営業日前です。Webサイトからのお申込みの締め切り日は講習会開始日の12営業日前です。締切日以降のお申込みは、お客様総合センター(電話番号:0120-55-9019)へご相談ください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <上位コース>情報システム部門配属者向け新入社員研修2~要素技術編~
<上位コース>情報システム部門配属者向け新入社員研修3~疑似体験編~
関連コースマップ 新入社員/若手社員-新入社員のための専用カリキュラム
関連情報 開催スケジュール・会場お申込み方法
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/06/24   2021/10/08   09:00 - 17:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 情報システム部門配属者向け新入社員研修2~要素技術編~ (NIS05L)
    システム開発に必要な知識、開発工程の全体像や各作業の概要を講義中心に学習します。また、情報システム部員に特に必要となる、要素技術(要件定義、品質管理、システム運用)については、演習を交えて理解を深めます。
  • システム開発基礎(eラーニング) (UEL34B)
    情報システムとは何かから、システム開発に必要な知識、開発工程の全体像や各作業の内容を学習します。集中処理方式、クライアントサーバ処理方式、Webシステムなどの処理方式や、ウォーターフォール、反復型開発などのプロセスモデル、構造化、オブジェクト指向などの開発手法と、さまざ...
  • 情報システム部門のためのプロジェクトマネジメント (UAJ72L)
    情報システム部門の立場でプロジェクトをマネジメントするポイントを実践的な事例とテンプレートをベースに学習します。また、演習において事例における問題点を抽出し、プロジェクトを成功に導くための「共通原則」を考察することにより、組織的にプロジェクトマネジメントを支援してい...