logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【ライブ】トラブルチームの活性術:難しいメンバーを動かす (UAR03R)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード UAR03R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 55,000 円(税込)  50,000円(税別)
期間 1日
コース概要 トラブルチームには必ず難しいメンバーがいてチームに悪影響を与えています。例えば、トラブルや不具合を報告しない、自分のことばかりで周囲への配慮が足りない、モチベーションが感じられない、指示待ちになっている、…等々。このようなとき、プロジェクト・マネジャーであるあなたはうまく対応できていますか?   本コースでは特に、難しいメンバーに現在の問題や、将来起こるかもしれない問題に気づかせたり、逆に期待した成果につながる行動を称賛することで、その人の本来の力を引き出し、チームのパフォーマンスを向上させ、プロジェクトの成功に繋げます。〔PDU:Leadership 8〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.「コンフリクトを解消する」というテーマについて、必要なスキルを具体的に学ぶ。
2.「コンフリクトを解消する」というテーマについて、グローバルリサーチベースの開発と効果的な学習プロセスによる、グローバルスタンダードな内容を学ぶ。
受講対象 プロジェクト・マネジャーおよびメンバーなどプロジェクトに携わるすべての方。
動作環境 【形式】Webオンライン形式(Zoom使用) 【ご準備物】 1.PCまたはタブレット端末とインターネット接続環境(Zoom接続用) 2. 教材データ ※研修初日の2日前を目途にPDFデータ送付。 3. 筆記用具
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 本コースで使用する教材の著作権はパーソルラーニング株式会社およびTwentyEighty Strategy Execution社(旧ESIインターナショナル社)に帰属します。複製・改変などは行わないでください。
録音機材等の使用はご遠慮願います。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
当日、グループ別対話セッション有。 「周囲の雑音が無い場所、会話の際、周囲の邪魔にならない場所」から参加をお願いします。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース
関連コースマップ プロジェクトマネジメント-プロジェクトマネジメントのコミュニケーションスキル
関連情報 PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。「PDU対象コース【講習会】一覧」の「提供元」欄が”他社提携コース”の研修は、提携先にてPDU付きの修了証を発行します。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】システム開発におけるWBS作成と見積り (ULC73R)
    システム開発プロジェクトにおける開発システムの規模、工数、費用を見積る基礎的な考え方、手法、留意点を学習します。〔PDU:Technical 7〕
  • 【ライブ】現行踏襲プロジェクトの勘所 (ULD20R)
    「現行踏襲」というキーワードの下に実施されるシステム再構築プロジェクトは近年増加の一途をたどっています。その増加にともなって、品質・納期・コストや顧客満足を満たせず失敗プロジェクトとなる例も後を絶ちません。「現行通り」というお客様要件は、一見容易に思えますが、多くの...