logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【ライブ】トラブルプロジェクトの克服技術 (UAR09R)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード UAR09R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 110,000 円(税込)  100,000円(税別)
期間 2日
コース概要 問題のおきたプロジェクトのアセスメントの計画・実施、最初の計画に戻すためのステップ・技法を学習します。また、典型的なプロジェクトのミスを避けることも可能となります。〔PDU:Ways of Working 16〕 〔ITC知識ポイント:4ポイント〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.問題の起きたプロジェクトに対し迅速なアセスメントの手法を修得する。
2.回復可能かを判断する分析手法を修得する。
3.回復策策定後のプロセスと実施プロセスの手法を修得する。
4.回復し安定したプロジェクトに移行する手法を修得する。
受講対象 プロジェクトマネージャおよびプロジェクトリーダー。
動作環境 【形式】Webオンライン形式(Zoom使用) 【ご準備物】 1.PCまたはタブレット端末とインターネット接続環境(Zoom接続用) 2. 教材データ ※研修初日の2日前を目途にPDFデータ送付。 3. 筆記用具 ※当日、グループ別対話セッション有。 「周囲の雑音が無い場所、会話の際、周囲の邪魔にならない場所」から参加をお願いします。
関連リンク
前提知識 プロジェクトマネジメント基礎知識があること。
注意事項 本コースで使用する教材の著作権はパーソルラーニング株式会社およびTwentyEighty Strategy Execution社(旧ESIインターナショナル社)に帰属します。複製・改変などは行わないでください。
録音機材等の使用はご遠慮願います。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
提携先のコース名は、「PMマスターズ ◆トラブルプロジェクトの克服技術」です。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース
関連コースマップ プロジェクトマネジメント-プロジェクトマネジメントの実践的なスキル(技法、事例で学ぶ)
ITSSレベル 【プロジェクトマネジメント育成】  -  プロジェクトマネジメント  [4-5]
関連情報 PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。「PDU対象コース【講習会】一覧」の「提供元」欄が”他社提携コース”の研修は、提携先にてPDU付きの修了証を発行します。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【e講義動画】運用トラブルから始まるプロセス改善~現場からのボトムアップ~ (UHD19D)
    構築済のシステムを運用しながら、運用トラブル発生を契機にさらなるサービス品質向上を組織から求められるシーンはよくあります。追加試験や机上レビュー会の実施は、単なる対症療法(リアクティブ対策)です。まず現状を分析して、問題の所在が「業務リソース」「インフラ環境」「運用ル...
  • 【集合】プロジェクトリーダーのための心理学~基礎編~ (UAP74L)
    プロジェクトの円滑な運営には、人間の行動原理を理解することが効果的です。本コースでは、ストレス、モチベーション、コミュニケーション、チームをマネジメントする観点で、プロジェクトリーダーにとって必要な心理学の基礎知識を学習します。〔PDU:Power Skills 7〕
  • 【ライブ】プロジェクトリーダーのための戦略的交渉術 (ULD12R)
    プロジェクトを効果的に進める上で必要な戦略的交渉術について、講義と演習を通して学習します。交渉の場で活用できる多様な交渉スキルだけでなく、事前に必要な戦略的思考について学びます。また、心理学の知見と、プロジェクトの実事例に基づいたPBL(Project Based Learning)の手法を...