logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

業務分析・設計のための業務モデリング 実践トレーニング (UAS22L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UAS22L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 106,700 円(税込)  97,000円(税別)
期間 3日
コース概要 複雑化するシステム要求を明確にするために業務の見える化手法を演習中心に学習します。手法では、業務の流れを見える化するプロセスモデル、業務で扱う情報の関連を見える化するデータモデルを扱います。事例業務を基に上記2つのモデルの観点で現状業務の見える化、現状業務の問題抽出と解決策検討、新規業務の見える化まで演習します。最後にプロセスとデータの両モデルの妥当性検証を行います。〔PDU:Strategic 18〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.システム開発における業務モデリングの必要性を理解する。
2.プロセスモデリングを行ううえで必要な分析観点、手順、表記方法を理解する。
3.データモデリングを行ううえで必要な分析観点、手順、表記方法を理解する。
4.具体的な例をもとに業務モデリングを行い、業務の流れや扱う情報を整理することができる。
受講対象 システム開発において、分析工程を担当する方。
関連リンク
お客様の声
前提知識 システム設計(機能設計、データ設計など)に関する基礎知識があること。
注意事項
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>業務分析設計概説~システム開発における要件定義のまとめ方~
関連コースマップ 上流/テスト(システムエンジニア)-要求分析/要件定義
ITSSレベル 【アプリケーションスペシャリスト育成】  -  メソドロジ  [2-3]
関連情報 コース内容の詳細はこちらをご覧ください
本コースのe講義動画
PDU申請時のProvider No.、Activity No.は、「PDU対象コース【講習会】一覧」をご参照ください。
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/09/08   2021/11/24   2022/02/08  
09:30 - 16:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 現行踏襲プロジェクトの勘所 (UAQ87L)
    「現行踏襲」というキーワードの下に実施されるシステム再構築プロジェクトは近年増加の一途をたどっています。その増加にともなって、品質・納期・コストや顧客満足を満たせず失敗プロジェクトとなる例も後を絶ちません。「現行通り」というお客様要件は、一見容易に思えますが、多くの...
  • システム開発基礎(eラーニング) (UEL34B)
    情報システムとは何かから、システム開発に必要な知識、開発工程の全体像や各作業の内容を学習します。集中処理方式、クライアントサーバ処理方式、Webシステムなどの処理方式や、ウォーターフォール、反復型開発などのプロセスモデル、構造化、オブジェクト指向などの開発手法と、さまざ...
  • システム要件定義の基礎 (UAS21L)
    情報システム開発におけるシステム要件定義の基本的な作業内容と要求工学の基本について講義と演習で学習します。要求工学の基本を踏まえ、機能と非機能(性能、信頼性など)の両面を考慮する必要があるシステム要件の定義について、その重要性や作業内容、事業要件、業務要件との整合性...