logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  【ライブ】ITIL(R)4スぺシャリスト:作成、提供およびサポート (UAX28R)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UAX28R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 308,000 円(税込)  280,000円(税別)
期間 3日
コース概要 ITIL(R) 4 スペシャリスト:作成、提供およびサポートモジュールは、IT化された製品やサービスを作成、提供、サポートするための様々なバリューストリームと活動の統合に焦点を当てています。コースに含まれているITIL(R)4の概念や用語、演習問題、ケーススタディを通じて、作成、提供およびサポート認定試験に合格できるようになります。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.サービスを作成、提供、サポートするためのサービスバリュー・ストリーム(SVS)を計画し、構築する方法を理解できる。
2.関連するITILプラクティスが、SVSとバリューストリームの作成、提供、サポートにどのように貢献しているかを知ることができる。
3.サービスの作り方、提供方法、サポート方法を知る。
4.ITIL(R)4スペシャリスト(CDS)認定試験合格に向けた準備ができる。
受講対象 ITガバナンス、ITオペレーションまたは、ITインフラストラクチャ分野でのリーダーやマネージャの方。ITサービスマネジメントコンサルタントを目指している方。ITプロセス専門家を目指している方。組織にITサービスマネジメントを設計、導入を検討されている方。ITSMプロセスの設計においてより効果的な方法を求めている方。
動作環境 ブラウザ: Internet Explorer 10.0 以上 (Cookies 有効)、OS: Windows 7以上、メモリ:128MB 以上推奨、プロセッサ: Pentium4 以上、ハードウェア:16 ビットサウンドカード・マウス、解像度:1280×800、画面表示倍率:100% ※このコースは、Internet Explorer 10、Mozilla Firefox 13、Google Chrome 20、Safari 5 以上のブラウザに対応しています。また、デスクトップPC やノートPC、iPad などのデバイスで閲覧可能です。
前提知識 ITIL(R)4 スペシャリスト:作成、提供およびサポートコースを受講するには、ITIL(R)4 ファンデーション試験に合格している必要があります。
注意事項 認定試験はコース期間とは別日の設定となり、日程や詳細については別途ご案内いたします。
各トラックの開始前までにeラーニングを80%以上終了する必要があります。また、SOA、PPO、OSA、RCV、MALC認定試験を含んでいます。MALC認定試験は、SOA、PPO、OSA、RCVの4つの試験に合格しないと受験できません。
本コースは、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックとの提携コースのため、提携先(オンライン形式)で開催します。コースの詳細に関しては以下のURLを参照ください。https://www.itpreneurs.co.jp/course/itil-expert-program-capability-track/
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。 コース実施のため、受講者の個人情報(会社名、所属、氏名、電話番号、E-mailアドレス)を提携企業に提供します。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ ITサービスマネジメント-資格取得(ITIL(R))
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/11/08   2022/01/24   2022/03/22  
09:30 - 18:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。