logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【Webex】ITIL(R)4 マネージングプロフェッショナル移行(MPT)【試験付き】 (UAX33R)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UAX33R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 352,000 円(税込)  320,000円(税別)
期間 5日
コース概要 ITIL 4マネージングプロフェッショナル移行モジュールは、ITIL V3のプロフェッショナル達がITIL 4認定スキームに簡単に移行できるようにするブリッジコースです。ITIL 4マネージングプロフェッショナル移行モジュールは、ITILエキスパートまたは17クレジット以上保有している方が1つのコースと1つの試験を通じてITIL 4マネージングプロフェッショナル認定を取得できるように設計されています。なお、認定試験は研修とは別日での設定となります。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ITIL 4ファンデーションの主要な概念と定義。また、ITIL V3とITIL 4との比較とそれらの実際の適用方法との主な違いを説明できる。
2.ITILマネージングプロフェッショナルのモジュールのひとつである「作成・提供・サポート(CDS)」における主要概念を説明できる。
3.ITILマネージングプロフェッショナルのモジュールのひとつである「利害関係者の価値を主導(DSV)」における主要概念を説明できる。
4.ITILマネージングプロフェッショナルのモジュールのひとつである「ハイベロシティIT(HVIT)」における主要概念を説明できる。
5.ITILマネージングプロフェッショナルのモジュールのひとつである「指示・計画・改善(DPI)」における主要概念を説明できる。
受講対象 ITIL 4 MP移行モジュールのトレーニングは、ITサービスマネジメントの経験が豊富で、ITIL 4の知識と適用スキルの開発を希望するすべてのITSM実践者の方を対象としています。ITIL 4マネージングプロフェッショナル移行試験を受験するには、受験者はITILエキスパートまたはITIL V3ファンデーションおよびインターミディエイトまたはプラクティショナから最低17クレジットを取得している必要があります。
前提知識 ITIL V3認定から17クレジット以上保有していること
注意事項 本コースは、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックとの提携コースのため、提携先企業(オンライン形式)で開催します。認定試験は日本語で提供します。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。受講者変更はコース開始日の9営業日前までとなります。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
開催日は次のとおりです。最終日はITP研修会場で受験希望の方のみ試験となります。試験日については提携先企業から別途ご案内いたします。
9/1-9/15(9/1-3,9/13-14,15),10/18-11/1(10/18-20,10/28-29,11/1),11/15-12/1(11/15-17,11/29-30,12/1),2022/1/12-1/26(1/12-14,1/24-25,26),2/2-2/14(2/2-4,2/9-10,14),3/2-3/14(3/2-4,3/10-11,14)
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ ITサービスマネジメント-資格取得(ITIL(R))
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/11/15   2022/01/12   2022/02/02  
2022/03/02  
09:30 - 18:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。