logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  ITIL(R)プラクティショナコース+試験+AXELOS公式書籍付き (UAX35L)


本コースと「ITIL プラクティショナ【別日程試験つき】」(UAX36L)コースの違いは、書籍付きか否かのみとなります。研修、試験の内容は同様です。詳細は関連情報よりご参照ください。

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UAX35L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 198,000円 (税別)   +
期間 3日
コース概要 ITILプラクティショナコースは、ITILの活用や既存ITILプロセスの改善方法を習得するために設計されています。本研修は、ITILファンデーションコースを受講された方が、ITILをどのように実務に活用するかを学習します。この コースは、ITILを実務で活用することを経験した「プラクティショナ(実務者)」が、成功や失敗事例を元に作成した研修です。「プラクティショナ」の経験をケーススタディとして、ITSM 全体の改善活動を受講者が個人やグループで演習問題に取り組み、各自の考えや講師の実務経験を共有しながら改善のステップを進めます。尚、本コースは、標準の教材に加え、参考図書としてAXELOS公式書籍が提供されるものとなります。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ITサービスマネジメントを概念や知識だけでなく実践的に理解し、CSIプロセスがサービスライフサイクルにどのように寄与するか理解する。
2.サービスを提供するためにCSIがなぜ重要なのかを認識し、どのようにCSIプロセスが他の段階のプロセスと関連するか理解する。
3.CSIプロセスの活動、手法、および機能、機能の導入、実践方法について理解する。
4.CSIのパフォーマンス測定方法を理解する。
5.CSIをサポートする技術および導入要件について理解する。CSIにおける課題や重要成功要因、リスクについて理解する。
受講対象 IT マネージャ、IT サポートスタッフ、IT コンサルタント、ビジネス・マネージャ、ビジネス・プロセス・オーナ、IT デベロッパー、サービス・プロバイダ、システム・インテグレータ
前提知識 「ITILファンデーションv3ないし2011資格取得(注:v2は不可。認定証の記載が「ITIL Foundation Certificate in IT Service Management」であれば、前提条件を満たしています)」かつ「2年以上のITサービスマネジメントの実務経験をお持ちの方」。
注意事項 認定試験は日本語対応済みです。
コース日程の開始日から2日間が講習会、日を空けて3日目として「試験対策および認定試験実施」の固定開催となります。3日目のみの日程変更などの調整はできません。
本コースは、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックとの提携コースのため、提携先企業で開催します。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。受講者変更はコース開始日の9営業日前までとなります。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ ITサービスマネジメント-ITIL認定資格取得
関連情報 本コースと「ITIL プラクティショナ【別日程試験つき】」(UAX36L)コースの違いは、書籍付きか否かのみとなります。研修、試験の内容は同様です。
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2019/05/27   2019/08/08   09:30 - 18:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。