logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【集合】ITIL4(R)ファンデーション(試験センター受験バウチャーつき) (UAX59L)


本コースは2023年1月よりコース情報の一部改定のため、コースコード、コース名が変更になりました。変更後の詳細は関連情報よりご参照ください。
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UAX59L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 137,500 円(税込)  125,000円(税別)
期間 2日
コース概要 ITIL 4は、ITILのガイダンスで確立されたベストプラクティスの核心に基づいて構築されています。ITIL 4は、組織がデジタルトランスフォーメーション出来るための実践的かつ柔軟なアプローチを提供し、サービスを提供・運用するためのエンドツーエンドな運用モデルを紹介します。 さらにITIL 4は、リーンIT、アジャイル、DevOpsなどを統合した包括的なエンドツーエンドのイメージを提供します。ITIL(R)4ファンデーションは、AXELOS社の作成したITIL(R)4ファンデーション認定のシラバスに基づいて作成された、2日間の研修に後日試験センターで受験するためのバウチャーチケットをセットにしています。サービスマネジメントの主要コンセプトおよびITIL 4サービスマネジメントフレームワークを学習することにより、ITIL4と実務との関連性の理解を深めます。ファンデーション試験対策を行います。〔PDU:Ways of Working 3、Power Skills 3、Business Acumen 6〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ITILサービスマネジメントの主要なコンセプトを説明できる。
2.組織が、従うべき原則の支援を受けながらどのようにITILサービスマネジメントを適用し、適応できるかを説明できる。
3.ITILサービスマネジメントの4つの側面を説明できる。
4.ITILサービスバリューシステムの目的と構成要素、サービスバリューチェーンの活動、ならびにそれらの関連性を説明できる。
5.継続的改善の主要なコンセプトを説明できる。ITILプラクティスについて学び、それらがバリューチェーンの活動にどう貢献するかを説明できる。
受講対象 本コースは、サービスマネジメント分野において第一歩を踏み出したいと考えている、ITおよび事業部門双方の方を主な対象としています。また、旧来のITILや類似したベストプラクティスについて知識を有しており、ITIL 4について学びたいと考えている方も対象です。
前提知識 特に必要ありません。ITサービスに関連した業務に携わっていることで、学習効果が高くなります。
注意事項 試験はご自身で日時予約の上、試験センター(プロメトリック)で受験いただきます。受験時の条件などは、直接試験センターにご確認ください。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の7営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は9営業日前です
当社はPeopleCertの認定教育機関(ATO)であるITプレナーズ社の認定アフィリエイトです。
ITIL(R) は AXELOS Limited の登録商標であり、AXELOS Limited の許可のもとに使用されています。すべての権利は留保されています。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、学習スタイルや教材の種類によって、お申込み時のコースコードが異なります。コースコードは、以下リンクよりご確認ください。
春の開催日程・会場
秋の開催日程・会場
※新入社員研修で使用する電子教材に関する詳細は、新入社員研修FAQ-電子教材配信サービス(KnowledgeR@ck)でご確認ください。
関連コース
関連コースマップ ITサービスマネジメント-資格取得(ITIL(R))
ITSSレベル 【ITサービスマネジメント育成】  -  メソドロジ  [3]
関連情報 本コースは2023年1月よりコース情報の一部改定のため、コースコード、コース名が変更になりました。詳細は「【集合】ITIL(R)4ファンデーション(試験センター受験バウチャーつき)」(UAX63L)コースをご参照ください。
PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。
PDU対象コース【講習会】一覧
本コースのライブコース
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています