logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【集合】運用視点でのシステム開発プロジェクトの勘所~運用は上流工程から~ (UAX61L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UAX61L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 46,200 円(税込)  42,000円(税別)
期間 1日
コース概要 運用フェーズはシステム完成後に始まるのではありません。顧客のニーズを満たしたICTサービスを提供するためには、システム開発の上流工程から関わって顧客要件を理解し、開発部隊と連携してサービス要件を取り込み運用設計を推進していくことが重要です。本コースでは、システム開発各工程で行うべき、運用フェーズに関わる管理項目と作業のポイントを、講義と演習によって学習します。演習では、シナリオに基づき運用マネージャーとしてシステム開発プロジェクトに参画し、懸念事項の洗い出しや提案するサービスレベルを検討し、運用要件を定義していきます。〔PDU:Ways of Working 6.5〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.システム開発プロジェクトの各工程で検討するべき、運用管理・作業を理解する。
2.システム開発・運用に関わるステークホルダーを特定し、円滑なサービス提供に必要な意思決定ができるようになる。
受講対象 運用・保守フェーズを担当するリーダー、担当の方。システム開発プロジェクトのプロジェクトリーダー、担当の方。
前提知識 システム運用管理の知識、経験があること。システム開発工程の知識があること。
注意事項
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、学習スタイルや教材の種類によって、お申込み時のコースコードが異なります。コースコードは、以下リンクよりご確認ください。
春の開催日程・会場
秋の開催日程・会場
※新入社員研修で使用する電子教材に関する詳細は、新入社員研修FAQ-電子教材配信サービス(KnowledgeR@ck)でご確認ください。
関連コース <前提コース>【集合】基礎から学ぶシステム運用管理・実践トレーニング~障害管理、変更管理など~
関連コースマップ ITサービスマネジメント-求められるサービスの設計・継続的改善のための実践スキル
ITSSレベル 【ITサービスマネジメント育成】  -  メソドロジ  [3]
関連情報 本コースのライブコース
本コースのe講義動画
PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。
PDU対象コース【講習会】一覧
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2023/02/17   2023/06/21   2023/09/21  
09:30 - 17:30
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。