logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

マルウェア動的解析 (UAZ08L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UAZ08L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 150,000円 (税別)   +
期間 1日
コース概要 インシデント担当者・セキュリティ担当者・セキュリティエンジニアの方を対象にしたトレーニングコースです。このトレーニングでは、さまざまなツールを利用して新種マルウェアを迅速に解析し対策するための技術を習得することを目的としています。マルウェア脅威に対抗するためのスキーム構築、マルウェアアナリスト育成など、さまざまな分野において本トレーニングで得られたノウハウをご活用いただけます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.動的解析とは何かを理解する。
2.Windows APIがどういうものなのか理解する。
3.解析ツールの使い方を理解する。
4.プログラムのAPI呼び出しを見ることができるようになる。
5.API呼び出しから、どのような動作をしているか理解できるようになる。
受講対象 プログラミング経験者(インシデント担当者・セキュリティ担当者・セキュリティエンジニアの方向け)
関連リンク
お客様の声
前提知識 プログラミング(C言語の知識)およびセキュリティ関連技術の基礎知識
注意事項 本コースは株式会社FFRIとの提携により提供するコースです。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>自社で取り組むWebアプリケーション脆弱性診断
関連コースマップ 情報セキュリティ-サイバー攻撃対策