logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【集合】VMware vSphere基礎 (UBS71L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBS71L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 85,800 円(税込)  78,000円(税別)
期間 2日
コース概要 サーバ仮想化ソフトウェアである「VMware vSphere 」の基礎知識とvSphereを使用したシステム構成(富士通ハードウェア)のポイントを講義と実習を交えて学習します。VMware vSphere を構成するコンポーネント(ESXi、仮想マシン、vCenter Server、vMotion、DRS、HAなど)の機能概要や特徴を短期間で把握する入門者向けコースです。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.VMware vSphereの製品概要を理解する。
2.VMware vSphereを構成するコンポーネントの基本機能や特性を理解する。
3.富士通のハードウェア(PRIMERGY、ETERNUS等)を使用したvSphereのシステム構成のポイントを理解する。
受講対象 VMware vSphereによるサーバ仮想化環境の構築、または運用管理を担当する技術者の方
関連リンク
お客様の声
前提知識 ITインフラの基本的な知識(サーバ、OS、ストレージ、ネットワークなどのキーワードを理解している)があること。
注意事項
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、学習スタイルや教材の種類によって、お申込み時のコースコードが異なります。コースコードは、以下リンクよりご確認ください。
春の開催日程・会場
秋の開催日程・会場
※新入社員研修で使用する電子教材に関する詳細は、新入社員研修FAQ-電子教材配信サービス(KnowledgeR@ck)でご確認ください。
関連コース
関連コースマップ システム基盤共通-仮想化
関連情報 本コースのe講義動画
本コースのサテライトコース
本コースのライブコース
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2023/03/13   2023/04/17   2023/05/15  
2023/06/26   2023/08/01   2023/08/31  
09:30 - 17:00
名古屋 2023/04/10   2023/06/22   2023/08/09  
09:30 - 17:00
大阪 2023/03/06   2023/04/24   2023/05/23  
2023/08/21  
09:30 - 17:00
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【集合】VMware vSphere運用管理 リソース編 (UVM44L)
    vSphere環境の運用管理に必要となるリソースに関する知識を学習します。ESXiホストにおけるCPUリソースやメモリリソースの管理、仮想マシンのシェア・予約・制限、リソースプール、クラスタについて、実機を使用した実習を交えて学習します。本コースは、VMware vSphere 7に対応します。...
  • 【ライブ】VMware vSphere 運用管理 リソース編 (ULD86R)
    vSphere環境の運用管理に必要となるリソースに関する知識を学習します。ESXiホストにおけるCPUリソースやメモリリソースの管理、仮想マシンのシェア・予約・制限、リソースプール、クラスタについて、実機を使用した実習を交えて学習します。本コースは、VMware vSphere 7に対応します。...
  • 【集合】情報セキュリティ対策実践 基礎から学ぶセキュア環境構築・運用入門編 (USA04L)
    情報セキュリティ上のリスクは、企業や組織、団体に大きな被害や影響をもたらすため、適切な予防と事後対応が事業活動の中で必要不可欠となっています。本研修では、情報セキュリティ対策を進めていく上で基本となる、アクセス制御技術、認証技術、暗号利用技術、ウイルス対策技術などの...