logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

不機嫌な職場 ~なぜ社員同士で協力できないのか~ (UBT25D)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UBT25D
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 2,750 円(税込)  2,500円(税別)
期間 8週 標準学習時間 1時間
コース概要 個人が専門化された仕事にかかりきり、社員同士の関係性が希薄化した結果、うるおいのない“不機嫌な職場”が増えており、品質や生産性などの事業活動にも大きな影響を与えている。この事態には、顕在化した問題に対症療法を試みるばかりではなく、お互いが協力し合えないという組織的な要因を解決しなければ状況は改善しない。何が協力し合うことを阻んでいるのか、どうすれば協力し合える組織になるのかを構造的な要因から考える。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.「不機嫌な職場」と「ご機嫌な職場」になる双方の要因について理解を深めることができる
受講対象 組織活性化に悩まれている方、またはそれついて興味関心の高い方
動作環境 【提携先の動作環境】お申込みいただく前に、必ず下欄の関連情報から提携先の動作環境をご確認ください。
前提知識 特に必要ありません
注意事項 申込・日程変更・キャンセルは、受講開始日の5営業日前までとなります。本コースは、株式会社ビジネス・ブレークスルーとの提携コースです。提携先サイトで学習するため動作環境を必ずご確認ください。
受講にあたり、開始日に送付する「開講のご案内」メール内のURL(提携先の登録フォーム)にアクセスし個人情報を入力いただく必要があります。登録完了後、提携先よりメールが送付されますので、記載内容に従って提携先サイトで学習を行ってください。
提携先の登録フォームへの入力は、必ず受講期間内に行ってください。受講期間内に提携先の登録フォームへ入力されなかった場合は、「不合格」となりますのでご注意ください。
提携先サイトでの「学習可能期間」は登録フォームに入力後2ヶ月ですが、お申込みいただいた受講期間内に学習を終えるようお願いいたします。提携先サイトでの合否結果は月末に反映します。タイミングによっては、反映まで最長1ヶ月ほどお時間がかかります。
関連コース
関連コースマップ BBTリモートキャンパス-BBTリモートキャンパス
関連情報 AirCampus ポータル 受講に必要な環境
受講画面再生テスト
開催スケジュール
日程
2021/09/27   2021/10/04   2021/10/11   2021/10/18  
2021/10/25   2021/11/01   2021/11/08   2021/11/15  
2021/11/22   2021/11/29   2021/12/06   2021/12/13  
2021/12/20   2021/12/27   2022/01/03   2022/01/10  
2022/01/17   2022/01/24   2022/01/31   2022/02/07  
2022/02/14   2022/02/21   2022/02/28   2022/03/07  
2022/03/14   2022/03/21   2022/03/28  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • ご機嫌な職場 ~プロローグ~ (UBT26D)
    皆さんにとって、「ご機嫌な職場」とはどのような職場なのでしょうか?職場で孤立・孤独・会話がない・協力関係が作れないなど「不機嫌な職場」がある一方、目標や価値観を共有している・みんなが自分の居場所に満足できるなど「ご機嫌な職場」があります。一体、この「不機嫌な職場」と...
  • PDCAプロフェッショナル (UBT91D)
    PDCAは新入社員研修の際に教える企業も多く、ほとんどのビジネスマンがこの言葉を知っています。しかしながら、多くの企業で「PDCAを廻す」ことをまともに実践できていないのが現実です。本講座では、企業や個人の実践力の要となるPDCAについて、「本質的にどうゆうものなのか」「企業戦...
  • ハイパフォーマーが育つ組織 (UBT51D)
    ITの進化やグローバリゼーションの拡大、働く意識の変化などによって、ハイパフォーマー(高業績者)の特性は従来に比べて大きく変化した。今までと、これからの特性の違いをさまざまな面から比較して解説する。その特性は基本的に自身で高めるものだが、ハイパフォーマーが次々に生ま...