logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

ネゴシエーション (UBT37D)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UBT37D
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 16,500 円(税込)  15,000円(税別)
期間 8週 標準学習時間 6時間
コース概要 異なる組織・個人が仕事を進めるうえでは、「論理的思考を基本とした明瞭なコミュニケーションスキル」が必要不可欠です。この必要不可欠なスキルを交渉との関係という視点で考えると、「双方の問題を同時解決することによってお互いの満足度を高めるコミュニケーションの過程」と捉えることができます。また、企業の活動が多様化・複雑化・グローバル化する現代であるからこそ、平等を確保するため手段としても「交渉力」は極めて重要な要素です。本講座では、「交渉とは何か」という本質的な問題を考えることに始まり、「交渉力の源泉」を体系的に学習します。さらに、自身の持てる力を交渉の場で十分に発揮するために必要な「平常心」の保ち方についても解説します。〔PDU:Leadership 6〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ステークホルダーとの折衝力を高めるための術を体得することができる
受講対象 顧客やパートナー企業、又は社内の利害関係者との折衝を要する職種の方
動作環境 【提携先の動作環境】お申込みいただく前に、必ず下欄の関連情報から提携先の動作環境をご確認ください。
前提知識 特に必要ありません
注意事項 申込・日程変更・キャンセルは、受講開始日の5営業日前までとなります。本コースは、株式会社ビジネス・ブレークスルーとの提携コースです。提携先サイトで学習するため動作環境を必ずご確認ください。
受講にあたり、開始日に送付する「開講のご案内」メール内のURL(提携先の登録フォーム)にアクセスし個人情報を入力いただく必要があります。登録完了後、提携先よりメールが送付されますので、記載内容に従って提携先サイトで学習を行ってください。
提携先の登録フォームへの入力は、必ず受講期間内に行ってください。受講期間内に提携先の登録フォームへ入力されなかった場合は、「不合格」となりますのでご注意ください。
提携先サイトでの「学習可能期間」は登録フォームに入力後2ヶ月ですが、お申込みいただいた受講期間内に学習を終えるようお願いいたします。提携先サイトでの合否結果は月末に反映します。タイミングによっては、反映まで最長1ヶ月ほどお時間がかかります。
関連コース
関連コースマップ BBTリモートキャンパス-BBTリモートキャンパス
関連情報 AirCampus ポータル 受講に必要な環境
受講画面再生テスト
PDU申請時のProvider No.、Activity No.は、「PDU対象コース【eラーニング】一覧」をご参照ください。
開催スケジュール
日程
2021/12/06   2021/12/13   2021/12/20   2021/12/27  
2022/01/03   2022/01/10   2022/01/17   2022/01/24  
2022/01/31   2022/02/07   2022/02/14   2022/02/21  
2022/02/28   2022/03/07   2022/03/14   2022/03/21  
2022/03/28  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 戦略構想力 (UBT16D)
    トップマネジメントにとって、自社の進むべき道を構想し、経営戦略を策定していくことは、必要不可欠であると同時に非常に重要な問題です。書籍等で紹介された「戦略論」を自社の「戦略」にまで落とし込み、競合相手よりも優位に立つためには、自らの頭を使って戦略を「構想する力」が必...
  • 【e講義動画】デジタルトランスフォーメーション実現のためのアプローチ (UHD65D)
    「デジタルトランスフォーメーション(DX)実現」について、「何をすればいいか、どこから着手すればよいかわからない」という声がよく聞かれます。本コースでは、「DXとは何か」「なぜDXを実現することが急務なのか」という基本を理解した上で、経済産業省から発信されている情報を確認...
  • 理論とケースで学ぶ財務会計 (UBV08D)
    事業を正しく運営する指標として、ビジネスを行う上で必須となるのが財務会計の知識です。多くのビジネスパーソンにとっては、財務諸表の作成方法や会計ルールそのものを深く理解するよりも、それを使って、自社、競合企業、顧客企業、投資先あるいはその候補企業の状況を分析できるよう...