logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【ライブ】Agile+ Studio Dojo オンライン版 (UBU04R)


本コースは、オンライン(ライブ配信)でご受講いただくコースです。本コースは2022年4月よりコース情報の一部改定のため、コースコード、コース名が変更になります。変更後の詳細は関連情報よりご参照ください。
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード UBU04R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 770,000 円(税込)  700,000円(税別)
期間 10日
コース概要 本コースでは、受講者同士でチームを組み、実際にWebアプリケーションをアジャイルで開発します。スプリント計画やペアプログラミング、ふりかえり、スプリントレビュー、プロダクトオーナーとの調整をとおして、アジャイル開発の考え方や進め方、プラクティスの活用法などを修得します。なお、本コースは、富士通ソフトウェアマスター「FUJITSU Certified Senior Professional Agile」の認定資格を取得するための対応コースとなります。※認定には、富士通ソフトウェア会員への登録が必要です。登録がお済みでない方は、本コースの申込みとあわせて登録をお願いします。【富士通のソフトウェア会員 会員登録ページ】https://mwid.jp.fujitsu.com/members/useradd/useradd.html
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.アジャイルな開発プロセスを実際に経験することにより、正しい知識を獲得し、チームをリードできる存在になる
受講対象 アジャイル開発の考え方や進め方を理解し活用したい方。これからアジャイル開発に取り組もうとするプロジェクトメンバー/マネージャー。アジャイル開発の実践経験を積みたいプロジェクトメンバー/マネージャー。富士通ソフトウェアマスター「FUJITSU Certified Senior Professional Agile」の認定資格を取得したい方。
動作環境 ご受講にあたって次の環境をご用意いただけない方、環境構築が困難な方は、受講していただくことができません。OS:Windows8.1、Windows10 (Core i5以上)、macOS 10.15、ブラウザ:Google Chrome、ネットワーク:インターネット接続、その他:Webカメラ/マイク/ヘッドフォン(必須)、外部ディスプレイ(推奨)。使用されるPCに対し、必ずご受講前に環境構築(ミーティング用Zoomクライアントのインストール、Slackデスクトップアプリのインストール)を実施してください。
前提知識 ソフトウェアの開発経験があることが望ましい(言語は問いません)。?「スクラム研修 ~アジャイル開発のチームマネジメント~」(UBS80L)コースまたは??「【富士通ソフトウェアマスター?Agile認定】スクラム研修」(UBU44L)コースを受講済みか、同等の知識を有すること。
注意事項 研修では、受講者同士でチームを組んで、ペア/モブ作業を行います。円滑な研修に向けて、ビデオや音声の品質を確保したく、条件を満たす環境でのご受講をお願いします。研修期間中に、第三者による見学が行われる場合があります。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の「個人情報保護ポリシー」をご参照ください。富士通ソフトウェアマスターの履歴照合のため、受講者情報を富士通株式会社へ提供します。
お申し込み前に、弊社の「講習会受講要領」をご一読ください。(https://www.knowledgewing.com/kw/entry/j_yoko.html)「Agile+?Studio?Dojo(UBU27L)」コースをご受講済の方は、内容が重複するため受講の必要はありません。
本コースは、富士通株式会社との提携コースのため、提携先で開催します。提携先のコース名は、「【ライブ】Agile+?Studio?Dojo」です。
期間中の受講者の交代はご遠慮ください。お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の12営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は14営業日前です。コースに対するお申込み総数が所定の人数に達しない場合は、中止になる場合があります。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース
関連コースマップ 上流/テスト(システムエンジニア)-アジャイル開発
関連情報 本コースは2022年4月よりコース情報の一部改定のため、コースコード、コース名が変更になります。詳細は「【ライブ】Agile+ Studio Dojo」(UBU21R)コースをご参照ください。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【e講義動画】情報セキュリティ対策実践シリーズ Webアプリ開発入門編 (UHD11D)
    Webアプリケーションに対する代表的な攻撃手法とその対策について説明します。セキュアなWebアプリケーションを開発するために必要なセキュリティの考え方や知識、技術について体系的に学習できます。実装例はJava言語を使用します。
  • 【ライブ】SAFe Scrum Master (ULC67R)
    チーム開発におけるスクラムの基礎やスクラムマスターの役割や責任を学習します。また、大規模なアジャイル開発におけるスクラムマスターの立ち振る舞いや他チームとの協調について探究します。【受講特典】・2日間の研修受講後、SAFe認定資格であるCertified SAFe Scrum Master(CSSM)を...
  • 【ライブ】スクラム研修 ~アジャイル開発のチームマネジメント~ (ULC06R)
    本研修では『スクラム』をベースとしたアジャイル開発の考え方や進め方を学びます。また、市販の書籍を読んだだけでは理解することが難しい各種の手法(ペアプログラミング、タスクボード、バーンダウンチャートなど)を体験します。