logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

Architecting on AWS (UBU07L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU07L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 210,000円 (税別)   +
期間 3日
コース概要 AWS サービスおよびAWSのサービスがクラウドソリューションにどのように適合するかについて理解し、AWS クラウドの使用の最適化方法について学習します。アーキテクチャのソリューションは、ビジネスの規模や業界によって異なります。すべてに適合する設計はないため、このコースではいくつかの AWS クラウドの設計パターンについて取り上げており、特定のサービスがクラウド設計全体にどのように適合するかについて学べます。また、ベストプラクティスや実経験に基づくヒントも学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.AWS が推奨するアーキテクチャに関する原則とベストプラクティスに基づいて、アーキテクチャ上の決定を行える。
2.AWS を使用する場合のセキュリティのベストプラクティスに関する基礎知識を証明できる。
3.クラウド移行のロードマップと計画を作成できる。
4.AWS サービスを活用して、サーバーをスケーラブルにできる。
5.ビジネス継続性の計画を作成し、高可用性を実現できる。
受講対象 ・AWSのアーキテクトおよびシステム設計をされる方、またはお客様へご提案される方・クラウドインフラストラクチャとリファレンスアーキテクチャの設計を担当する方
前提知識 ・「AWS Technical Essentials 1および2」を修了、もしくは同等の知識があること ・分散システムと多層アーキテクチャの実務的知識があること ・一般的なネットワーキングとクラウドコンピューティングの概念的知識があること
注意事項 本コースは教材としてeBook(電子書籍)を使用します。コースお申し込み後、電子書籍閲覧の手続きに関するご連絡を致します。コース開始日前日までに手続きの完了をお願い致します。
お申込み締切日は、コース開始日の6営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は8営業日前です。日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の11営業日前です。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>AWS Technical Essentials 2
関連コースマップ システム基盤共通-クラウドコンピューティング
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2019/07/22   2019/08/19   2019/09/25  
09:30 - 17:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。