logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  Kubernetes & Docker 2 (管理) (UBU32L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU32L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 198,000円 (税別)   +
期間 3日
コース概要 本コースは、「Kubernetes & Docker 1 (管理入門)」 (提携先コース名: Kubernetes&Docker管理入門)に続くコースであり、技術的により幅広い内容を取り扱います。ソフトウェア開発者、アーキテクト、デプロイメント・エンジニア、そしてKubernetesによるコンテナのデプロイメントや管理を業務とするITプロフェッショナルの方々が対象です。Linuxコマンドラインの豊富な利用経験と、Dockerの概念やKubernetesの構成について熟知していることが受講条件です。また、HTML5対応ウェブブラウザとSSHクライアントが使用可能なPCをご持参いただく必要があります。本コースは、講義とハンズオン実習から構成されます。講義では、Kubernetesに関する幅広い技術知識やベストプラクティスについて学習します。ハンズオン実習では、Kubernetes構成ブロックの復習から始まり、講義で得た知識を身につけるための実践的なKubernetesの操作や管理方法を実習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Kubernetes構成ブロック活用のための操作方法の習得
2.コンテナ活用による開発・デプロイメント及び管理に向けたKubernetesベストプラクティス実践のための操作方法の習得
3.Kubernetesアーキテクチャの理解
4.Kubernetesクラスタ・インストレーションとメンテナンス方法の習得
5.Kubernetesクラスタに対するトラブルシューティングならびにロギング・モニタリングの手法の習得
受講対象 ソフトウェア開発者、アーキテクト、デプロイメント・エンジニア、Kubernetesによるコンテナのデプロイメントや管理を業務とするITプロフェッショナルの方
前提知識 ・Linuxコマンドラインの豊富な経験 ・Dockerに関する理解、経験
注意事項 本コースはミランティス社トレーニングを当社から提供するものです。ミランティス・ジャパン株式会社に個人情報を提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
実習に使用するラップトップPCをご持参ください。HTML5対応ウェブブラウザとSSHクライアントが動作する必要があります。
コースの詳細は https://www.mirantis.co.jp/training/ にてご確認ください。提携先でのコース名称は「KD200 Kubernetes&Docker管理」です。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の12営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は14営業日前です。
開始時刻は午前9時、終了時刻は午後5時です。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ システム基盤共通-仮想化
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2019/07/30   2019/09/17   09:00 - 17:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。