logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

Ansibleで学ぶ、インフラのコード化入門-継続的な構成変更・テストの自動化に向けて (UBU40L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU40L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 88,000 円(税込)  80,000円(税別)
期間 2日
コース概要 Infrastructure as Codeを実現するツールとして注目されるAnsibleを実習環境として使用し、インフラのコード化と実作業の自動化を体験します。従来の手作業によるインフラ構築から自動化による構築へ移行する際に必要となる、インフラのコード化の基本的な考え方を短期間で学習する入門コースです。また、Infrastructure as Codeの導入により、インフラのテストの自動化が可能になります。ツールを使用したテストの自動化も体験します。実習環境にはLinuxを使用します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Ansibleに代表される構成管理・自動化ツールの適用シーンやメリットを説明できる。
2.構成管理・自動化ツールによるコードの書き方の基本を理解する。
3.構成管理・自動化ツールを使用して、同じ構成のサーバの新規作成ができる。
4.テスト自動化ツールを使用したテストが実施できる。
受講対象 ツールを使用したインフラ構築の自動化やコードを使用した構成管理に関心があり、Ansibleを初めて使用するインフラエンジニア
前提知識 Linuxの基本的な操作(ファイル操作やサービスの起動や停止、ソフトウェアパッケージのインストール)ができること。
注意事項 旧「Ansibleで学ぶ、インフラとセキュリティのコード化」(UBU13L)コースと、内容が一部重複します。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ システム基盤共通-システム基盤共通
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/10/11   2021/12/01   2022/01/24  
2022/02/24   2022/03/14  
09:30 - 17:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています