logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【集合】データ活用人材育成プログラム~ケースで鍛えるビジネスへのデータ応用力~ (UBU48L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU48L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 184,800 円(税込)  168,000円(税別)
期間 3日
コース概要 データサイエンティストが持つべきスキルは、「ビジネス力」、「データサイエンス力」、「データエンジニアリング力」と言われています。本コースは「ビジネス力」のトレーニングのため、実在する事業者(水産物販売会社)の課題とデータ(一部加工)を基にしたデータ分析ワークを行います。分析結果を基にビジネス改善の提言を行い、ビジネスサイドとデータサイドの両面からリアリティあるフィードバックを受けることで、データを実務に活かす観点やスキルを身につけます。1日目と2日目の間には、2週間の実践期間があります。ご自身の環境でデータを分析し、仮説検証を行っていただきます。実践期間中の作業時間は業務の兼ね合い等で個人差がございますが、6時間程度は時間を割いていただいているケースが多くみられます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ビジネスのケースから問題・課題を明確化することができる
2.既知のデータ分析手法を、実ケースに応用することができる
3.データサイエンスをビジネスに適用するための今後のアクションプランを作成できる
受講対象 ビジネス上の何らかの仮説から提言をする必要がある方で、データから主張することを求められている企画者。
前提知識 「データサイエンス入門~データ活用の観点と代表的な分析手法~(UBU17LまたはUHD47D)」を受講済み、あるいはデータの可視化、基本統計量に関して知識を持っていること。回帰や分類、クラスタリングについて説明できる程度の知識を持っていることが望ましい。
注意事項 2022年度は後述の日程となります。【8月開催分】23日、24日、9月7日 【11月開催分】29日、30日、12月14日 【1月開催分】31日、2月1日、2月15日
2日目から3日目の間はフリーのグループワーク期間となります。必要であればグループでコミュニケーションの機会を設定していただきます。
当日のマシン環境は、Microsoft Excel、Power BI、Weka、R、Python3を用意いたします。グループ活動期間中に分析を行う場合、環境は受講者様個人でご用意ください。
グループワーク期間中におけるコミュニケーションは、弊社のeラーニング環境「KnowledgeC@fe」上で行います。アカウントは弊社用意のものを当日貸与いたします。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <前提コース>【集合】データサイエンス入門~データ活用の観点と代表的な分析手法~
関連コースマップ システム基盤共通-データサイエンス
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/11/29   2023/01/31   09:30 - 17:30
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】デザイン思考の基礎 ~ビジネス価値を見出すために~ (ULD08R)
    現在、「デザイン」という概念は製品から、サービスやデジタル・ビジネスにまで拡張されつつあります。本コースでは、幅広い視野からイノベーションを創出する方法論として注目されている「デザイン思考」について、[観察→直観や内省によるコンセプトづくり→実現のためのモデル化]という...
  • 【ライブ】AIプロジェクトの進め方~企画から運用の勘所~ (ULC96R)
    機械学習をはじめとする人工知能を活用したシステムやサービスが注目される中、AIならではのプロジェクトの進め方が必要とされています。本コースではAIプロジェクトの全体像や必要なリソース、各フェーズにおけるAIプロジェクトならではの注意点やポイントについて講義と演習をとおして...