logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【eラーニング】製造業における価値づくり経営 (UBV44D)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UBV44D
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 16,500 円(税込)  15,000円(税別)
期間 8週 標準学習時間 6時間
コース概要 本講座では、製造業が製品開発力と競争力を高め、いかに維持するかに焦点を絞り込んで、密度高く問題点とその解決策を示唆する。製造業においては、意味的価値を深化させるデザインやイノベーションを創出する組織能力による差別化が必要になっている。そこで実際にデザインや組織能力の差別化に成功している企業を例にあげて紹介する。事例では、日米の自動車産業における製造工程の企業間関係の相違などを比較しながら、製品開発に有効な外注企業との連携・アウトソーシング手法や、先進的なマスカスタマイゼーションの事例も紹介し、具体的なビジネスモデルを提案する。〔PDU:Business Acumen 6〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.他社との差別化となる組織能力を見極めて、競争力の高い組織を作るための知識を習得します
受講対象 ・製造業に従事する経営者もしくは事業管理者 ・製造業に従事する経営者もしくは事業管理者に対して、価値提案を実施する必要のある方
動作環境 【提携先の動作環境】お申込みいただく前に、必ず下欄の関連情報から提携先の動作環境をご確認ください。本コースは音声および音声のテキストがございます。
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 申込・日程変更・キャンセルは、受講開始日の5営業日前までとなります。本コースは、株式会社ビジネス・ブレークスルーとの提携コースです。提携先サイトで学習するため動作環境を必ずご確認ください。
受講にあたり、開始日に送付する「開講のご案内」メール内のURL(提携先の登録フォーム)にアクセスし個人情報を入力いただく必要があります。登録完了後、提携先よりメールが送付されますので、記載内容に従って提携先サイトで学習を行ってください。
提携先の登録フォームへの入力は、必ず受講期間内に行ってください。受講期間内に提携先の登録フォームへ入力されなかった場合は、「不合格」となりますのでご注意ください。
提携先サイトでの「学習可能期間」は登録フォームに入力後2ヶ月ですが、お申込みいただいた受講期間内に学習を終えるようお願いいたします。提携先サイトでの合否結果は月末に反映します。タイミングによっては、反映まで最長1ヶ月ほどお時間がかかります。
関連コース
関連コースマップ BBTリモートキャンパス-BBTリモートキャンパス
関連情報 AirCampus ポータル 受講に必要な環境
受講画面再生テスト
・PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。「PDU対象コース【eラーニング】一覧」の「提供元」欄が”他社提携コース”の研修は、提携先にてPDU付きの修了証を発行します。
開催スケジュール
日程
2022/12/12   2022/12/19   2022/12/26   2023/01/09  
2023/01/16   2023/01/23   2023/01/30   2023/02/06  
2023/02/13   2023/02/20   2023/02/27   2023/03/06  
2023/03/13   2023/03/20   2023/03/27  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【e講義動画】アジャイル開発 はじめの一歩 (UHD45D)
    アジャイル開発に取り組む前に、押さえておきたい基本的な考え方を説明します。また、アジャイル開発に対するよくある誤解や不安に思われることをピックアップして解説します。
  • 【eラーニング】右脳思考 (UBV13D)
    人間は本質的な意味でロジックや理屈ではなく感情で動くものです。日常のプライベートな生活では、昨今のようにデジタル技術が高度に発達した現代社会であっても、経験や勘に基づく意思決定や相互のコミュニケーション方法つまり右脳思考は当たり前に行っています。であれば仕事を進める...
  • 【eラーニング】Biz‐Ex(経営シミュレーション型学習) (UBC22B)
    ビジネスリーダーに必要な知識を学習できる「経営シミュレーション型eラーニング」です。ビジネスに必要な基礎知識を習得するだけでなく、経営シミュレーションを通じて、経営結果が明確になるため、従来であれば、経営幹部の立場でなければ得られなかった「気づき」を得ることができます...