logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【eラーニング】不確実な時代の事業計画立案の進め方 (UBW35D)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UBW35D
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 8,250 円(税込)  7,500円(税別)
期間 8週 標準学習時間 3時間
コース概要 主に研究開発、新規事業、設備投資、M&Aといった戦略投資が企業の不確実性として捉えられていましたが、テクノロジーの進化や気象変動、感染症等の影響によりビジネスを取り巻く環境は予測困難な時代に突入しました。このような環境下で、企業はどのように事業計画の達成度を高めていけばよいのでしょうか? また経営陣は、業績予測の精度をどのように高め、計画や意思決定につなげていけばよいのでしょうか?不確実なビジネス環境のなか事業計画に関する課題は、認識されているにも関わらず、解決・改善されていないケースが多く見受けられます。例えば、前提や根拠が示されない売上・利益予測。そして決定後は現場任せでいつの間にか失敗している事業計画などです。本講座では、事業の成功のために必要な仮説を明確にし、仮説を確かめながら進めていく方法や成功と失敗からの学習法について解説します。〔PDU:Business Acumen 3〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.不確定要素の多い状況下において、仮説ベースでビジネスプランを構築し、意志決定を行う力を身に付ける
受講対象 不確実性の高いビジネス環境下において、仮説を構築しながら事業計画を立案することが求められている方
動作環境 【提携先の動作環境】お申込みいただく前に、必ず下欄の関連情報から提携先の動作環境をご確認ください。本コースは音声および音声のテキストがございます。
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 申込・日程変更・キャンセルは、受講開始日の5営業日前までとなります。本コースは、株式会社ビジネス・ブレークスルーとの提携コースです。提携先サイトで学習するため動作環境を必ずご確認ください。
受講にあたり、開始日に送付する「開講のご案内」メール内のURL(提携先の登録フォーム)にアクセスし個人情報を入力いただく必要があります。登録完了後、提携先よりメールが送付されますので、記載内容に従って提携先サイトで学習を行ってください。
提携先の登録フォームへの入力は、必ず受講期間内に行ってください。受講期間内に提携先の登録フォームへ入力されなかった場合は、「不合格」となりますのでご注意ください。
提携先サイトでの「学習可能期間」は登録フォームに入力後2ヶ月ですが、お申込みいただいた受講期間内に学習を終えるようお願いいたします。提携先サイトでの合否結果は月末に反映します。タイミングによっては、反映まで最長1ヶ月ほどお時間がかかります。
関連コース
関連コースマップ BBTリモートキャンパス-BBTリモートキャンパス
関連情報 【提携先の動作環境】
AirCampus ポータル 受講に必要な環境
受講画面再生テスト
【本コースの体験版】
一部視聴(※YouTubeを利用しています。)

・PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。「PDU対象コース【eラーニング】一覧」の「提供元」欄が”他社提携コース”の研修は、提携先にてPDU付きの修了証を発行します。
開催スケジュール
日程
2022/12/12   2022/12/19   2022/12/26   2023/01/09  
2023/01/16   2023/01/23   2023/01/30   2023/02/06  
2023/02/13   2023/02/20   2023/02/27   2023/03/06  
2023/03/13   2023/03/20   2023/03/27  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【eラーニング】業種知識シリーズ 官公庁基礎 (UNC19B)
    刻々と変化する国や地方公共団体(地方自治体)の行政運営のしくみと組織構造を理解した上で、行政職員を相手にした営業のあり方を身につけます。また、主な受講者として、行政をターゲットにIT活用や情報システム構築を提案する営業担当者を想定しているため、ソリューション営業活動を...
  • 【eラーニング】新規事業創出に向けたベンチャー企業との協業 (UBV41D)
    新製品・サービスのサイクルが加速度的に短期化する中、生き残って市場に付加価値を提供できるのは、テクノロジーに先行投資してビジネスモデルを開花させた企業群です。自前展開にこだわり、新技術への戦略投資も遅れる傾向がある日本企業は、いまこそベンチャーマインドに注目する必要...