logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【eラーニング】パーパス経営 (UBW86D)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UBW86D
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 4,125 円(税込)  3,750円(税別)
期間 8週 標準学習時間 2時間
コース概要 資本主義における基本資産は、カネ(金融資本)とモノ(物的資本)であり、ヒト(人的資産)は、資産ではなく費用(コスト)として計上される欠点がありました。「パーパス経営」の源泉は、人の想いを中心とした「パーパス」という目に見えない資産です。これは自分は何のために存在するのか、他者にとって価値のあることをしたいという信念です。「パーパス」は、マネジメント用語としても、ミッション、ビジョン、バリューの上位概念として注目されています。これからは、志に基づく顧客資産、人的資産、組織資産などの無形資産をいかに蓄積していくかが経営の鍵となります。本講座では、ビジネススクールで教鞭をとりながら、ファーストリテイリング、ボストンコンサルティングなどの日本を代表する大手企業のアドバイザーを務める名和氏を講師に迎え、豊富な企業事例を通して、パーパス経営をより実践するための考え方を解説します。〔PDU:B 2〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.パーパス経営を実施もしくは浸透していくための必要な考え方や取り組み方を学ぶ。
受講対象 ・企業が目指すべきパーパスとはなにかを理解し、実例を学びたい方 ・経営の方向付けとして、まさしくパーパスの検討を始めた方、または会社からその役割を期待されている方
動作環境 【提携先の動作環境】お申込みいただく前に、必ず下欄の関連情報から提携先の動作環境をご確認ください。本コースは音声および音声のテキストがございます。
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 申込・日程変更・キャンセルは、受講開始日の5営業日前までとなります。本コースは、株式会社ビジネス・ブレークスルーとの提携コースです。提携先サイトで学習するため動作環境を必ずご確認ください。
受講にあたり、開始日に送付する「開講のご案内」メール内のURL(提携先の登録フォーム)にアクセスし個人情報を入力いただく必要があります。登録完了後、提携先よりメールが送付されますので、記載内容に従って提携先サイトで学習を行ってください。
提携先の登録フォームへの入力は、必ず受講期間内に行ってください。受講期間内に提携先の登録フォームへ入力されなかった場合は、「不合格」となりますのでご注意ください。
提携先サイトでの「学習可能期間」は登録フォームに入力後2ヶ月ですが、お申込みいただいた受講期間内に学習を終えるようお願いいたします。提携先サイトでの合否結果は月末に反映します。タイミングによっては、反映まで最長1ヶ月ほどお時間がかかります。
関連コース
関連コースマップ BBTリモートキャンパス-BBTリモートキャンパス
関連情報 【提携先の動作環境】
AirCampus ポータル 受講に必要な環境
受講画面再生テスト
【本コースの体験版】
一部視聴(※YouTubeを利用しています。)

・PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。「PDU対象コース【eラーニング】一覧」の「提供元」欄が”他社提携コース”の研修は、提携先にてPDU付きの修了証を発行します。
開催スケジュール
日程
2022/12/12   2022/12/19   2022/12/26   2023/01/09  
2023/01/16   2023/01/23   2023/01/30   2023/02/06  
2023/02/13   2023/02/20   2023/02/27   2023/03/06  
2023/03/13   2023/03/20   2023/03/27  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【eラーニング】マネージャーのための戦略的財務会計 (UBT11D)
    あらゆる事業部門におけるマネージャーにとって必要な財務会計とは、細かな会計のルールや勘定科目を知っていることではありません。企業が置かれた経営環境や、そこで選択した経営戦略によって、会計数値がどのように形成されていくのかを明確に理解していることが重要となります。そし...
  • 【ライブ】DX推進のための経営戦略コンサルティング (ULB13R)
    「経営者としてデジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性はわかるが何をすればいいのか」「現場にDXの検討や実験的なことはさせてみたが、次のステップである事業化に踏み出せない」と悩んでいる経営者や事業責任者の方に対し、コンサルタントや営業、上流SEの皆さんは何をどう提言...