logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  【オンデマンド】VMware Horizon 7: Install, Configure, Manage [V7.7] (UCL15E)


学習形態 チケット コースコード UCL15E
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 350,000円 (税別)   +
コース概要 VMware社認定トレーニングである「VMware Horizon 7: Install, Configure, Manage [V7.7] 」を、30日間繰り返し学習できるコンテンツとして提供します。コンテンツには講義と実習環境で実際に操作を行う実習が含まれます。本コースの修了によりVCP資格取得の要件が満たされます。サービスの使用方法は次のURLをご確認ください。https://mylearn.vmware.com/mgrReg/plan.cfm?plan=49565&ui=www_edu 本コースでは、単一の仮想デスクトップ インフラストラクチャ プラットフォームを使用して仮想デスクトップとアプリケーションを提供するためのスキルを習得できます。講義と実習により、VMware Horizon 7 のインストール、構成、管理に必要なスキルを身に付けます。仮想マシンのプールを構成および展開する方法、マシンのアクセスおよびセキュリティを管理する方法、カスタマイズしたデスクトップ環境をエンドユーザーに提供する方法について学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Horizon のコンポーネントについて理解する。View Connection Server をインストールおよび構成する。仮想デスクトップをインストールおよび構成する。
2.VMware Horizon Client システムを構成および管理する。物理マシンと仮想マシンのプールを構成および管理する。フル仮想マシンの自動プールを構成および管理する。
3.リンククローン デスクトップのプールを構成および管理する。インスタントクローンの自動プールを構成および管理する。
4.デスクトップとアプリケーションの Remote Desktop Services(RDS)プールを構成および管理する。Horizon Administrator を使用して Horizon 環境を構成する。
5.仮想デスクトップへの安全なアクセスを構成する。VMware User Environment Manager を使用してユーザーのパーソナライゼーション設定とアプリケーションの構成を管理する。
6.プロファイル管理を導入する手順について理解する。VMware App Volumes を使用してアプリケーションのプロビジョニングと管理を行う。JMP アーキテクチャのメリットを理解する。
7.Horizon 環境のパフォーマンスおよびスケーラビリティを管理する。
受講対象 エンド ユーザー カスタマー企業の IT 部門の技術者。リモート デスクトップ サービスや仮想デスクトップ サービスのサービス提供担当者。
動作環境 VMware社実習環境:HTML5に対応したブラウザを使用。最新バージョンのChrome、Firefox、Safari。
前提知識 vSphereとWindowsに関する次のスキル。・VMware vSphere Web Client からの仮想マシン、データストア、ネットワークの状態の参照 ・VMware vCenter Server から仮想マシン コンソールを開き、ゲスト OS にアクセス ・仮想マシンのスナップショットの作成 ・ゲストのカスタマイズ仕様の構成 ・仮想マシンのプロパティの変更 ・仮想マシンからテンプレートへの変換 ・テンプレートからの仮想マシンの展開 ・Active Directory サービスの構成(DNS、DHCP、時刻の同期など) ・ユーザーのアクティビティの制限(グループ ポリシー オブジェクトの実装) ・Windows システムでリモート デスクトップ接続をするための構成 ・SQL Server データベースへの ODBC 接続の構成。
注意事項 VMware社の「VMware Horizon 7: Install, Configure, Manage [V7.7] - On Demand Japanese」を当社から提供します。VMware Incの受講管理システム「myLearn」でのアカウントの事前作成と、個人情報の登録が必要です。個人情報はマーケティングにも使用されます。
コース受講のためのバウチャー番号をVMware社サイトに入力し、アクチベーションしてから30日間、繰り返し学習することができます。
本コースの学習を完了し、コース内で用意されているアセスメントテストに合格すると、VCP資格取得の前提条件が満たされます。
申込確定後、当社から受講のためのバウチャーチケットをeメールで送付いたします。申込時にメールアドレスをご記載ください。
関連コース
関連コースマップ システム基盤共通-仮想化