• 受講スタイルアイコン
  • PDU
  • コースコード:
    UEL33B

【eラーニング】業務分析/設計のための要件定義技法

受講スタイル
eラーニング
レベル:
応用・実践
学習期間
8週間
標準学習時間
12時間

¥44,000 (税込)

¥40,000 (税別)

受講対象者

  • 業務システムの分析作業を通してシステム要件の定義工程を担当する方。
前提知識
システム開発全般の知識・経験があること。

コース内容

ユーザー企業の経営に役立つシステムを構築するために、システム開発の上流工程で全体最適な業務要件、システム要件を導き出す技法を学習します。事例業務を基に、現状業務が抱えている問題点の把握、個別問題点を整理して根本原因の特定、解決目的の検討、対策手段の検討といった業務要件をまとめる一連の流れを学習します。加えて、業務要件を詳細化し、システム要件としてのまとめかたを学習します。〔PDU:Business Acumen 12〕

到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  • 1.事業戦略と業務要件の整合性を確認する。
  • 2.問題解決の技法を適用し、業務要件を定義する。
  • 3.業務要件を詳細化し、システム要件を定義する。

修了・合格基準

修了テストで達成基準点(60点以上)を取得すること

開催スケジュール

日程(開講日)
2024/05/20 2024/05/27 2024/06/03 2024/06/10 2024/06/17 2024/06/24 2024/07/01 2024/07/08 2024/07/15 2024/07/22 2024/07/29 2024/08/05 2024/08/12 2024/08/19 2024/08/26 2024/09/02 2024/09/09 2024/09/17 2024/09/23 2024/09/30

注意事項

  • 日程変更およびキャンセルは、受講開始日の5営業日前までとなります。本コースには、受講に必要となる副読本や資料などの郵送物はございません。
  • 「業務分析・設計のための要件定義技法」(UAS38B/UAS42B/UEL18B)、「業務分析・設計のための要件定義技法 実践トレーニング」(UAS29L)を受講済みの方は、本コースと内容が重複しますので受講の必要はありません。

動作環境

OS×ブラウザ:Microsoft Windows 10・11×Microsoft Edge・Google Chrome 音声:なし

お客様の声

関連情報

PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。
PDU対象コース【eラーニング】一覧

このコースを受けた人はこんなコースを受けています。

  • 受講スタイルアイコン
  • システム開発・運用管理
  • PDU
  • ULA62R

【ライブ】業務分析設計概説~システム開発における要件定義のまとめ方~

  • #要求分析/要件定義
  • #人気コース
  • #DSS-ビジネスアーキテクト
  • レベル: 入門・基礎
  • 学習期間: 2日間
  • 受講スタイルアイコン
  • システム開発・運用管理
  • PDU
  • USR45B

【eラーニング】要求定義のためのヒアリングと仕様化テクニック(Vol.1)

  • #要求分析/要件定義
  • #テストありeL
  • #音声ありeL
  • #スライド形式
  • レベル: 入門・基礎
  • 学習期間: 8週間
  • 標準学習時間: 4時間
  • 受講スタイルアイコン
  • 企業経営
  • UZS75L

【集合】コンサルティングスキル養成~分析力/仮説思考編~

  • #情報戦略立案
  • レベル: 応用・実践
  • 開催地区: 東京 , 名古屋 , 大阪
  • 学習期間: 2日間

受講スタイル

  • 集合研修
    集合研修

    会場に集まって学び合う対面形式の研修コース

  • ライブ研修
    ライブ研修

    インターネットを介して学び合う同期型の研修コース

  • サテライト講習会
    サテライト講習会

    インターネットを介して複数の会場からライブ配信でご受講する研修コース

  • ブレンド研修
    ブレンド研修

    複数の受講スタイルを組み合わせた研修コース

  • eラーニング
    eラーニング

    インターネットを介して学ぶ非同期型の研修コース

  • 実習付きeラーニング
    実習付きeラーニング

    Web上などで実機演習ができる非同期型の研修コース

  • e講義動画
    e講義動画

    当社集合研修の講義を撮影した動画コンテンツで学ぶ非同期型の研修コース

  • 通信教育
    通信教育

    課題提出・添削等を行う非同期型の研修コース

  • スキル診断
    スキル診断

    ITに関する実務能力や技術力を測定するアセスメント

  • 自習書
    自習書

    自己学習のための書籍や教材

  • チケット
    チケット

    資格受験や研修コース受講のためのチケット等

  • メディア
    メディア

    CD-ROMやDVDに入った学習ツール

閉じる×