logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

富士通ミドルウェアマスター アプリケーション基盤 認定試験 (UFM04L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UFM04L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 100,000円 (税別)   +
期間 1日
コース概要 本試験は、「富士通ミドルウェアマスター FUJITSU Certified Middleware Master アプリケーション基盤V2」です。Interstage Application Serverの多様な機能を適用し、システム要件に適した運用環境の設計・構築、性能改善、およびトラブル調査と対処について実施できることを実機環境でテストし、アプリケーションサーバシステムの開発について高度な知識と実践力を保有する技術者を認定します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Fujitsu Certified Middleware Master アプリケーション基盤 V2 認定試験に合格する。
合格点 70
受講対象 「FUJITSU Certified Middleware Professional アプリケーション基盤 V1」(あるいはV2)の資格を保有している方。
前提知識 他社コース「実習で学ぶ!上級者のための富士通アプリケーションサーバによる業務システム構築」を受講済み、またはInterstage Application Server製品のインストール、環境設定、チューニング、トラブル調査等をできる知識・経験があること。
注意事項 正答率 70%以上での合格となります。合否結果は受講コース一覧の「合否」にて反映されます。試験結果の反映には約14営業日を要します。
試験形式は筆記試験および実技試験となります。試験会場には15分前に集合してください。遅刻の場合は受験不可となります。また、受付は試験会場にて行います。試験会場への持ち込み物などは、試験官の指示に従ってください。
インストールに必要な製品(インストール媒体)や、サーバ機およびクライアント機は、あらかじめ試験会場にて準備されています。また、実技試験時のOSは、Windowsとなります。
試験実施のために受講者の個人情報(氏名、会社名、E-mailアドレス)を富士通に提供します。前提コースは他社提供コース(富士通エフ・オー・エム株式会社)となります。コース詳細、およびお申込等については「関連情報」よりご確認ください。
提携先での試験名は「Fujitsu Certified Middleware Master アプリケーション基盤 V2」です。資格詳細、および旧資格からの移行については富士通のサイトをご確認ください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ ミドルウェア-Interstageサーバ
関連情報 前提コースの詳細はこちら(提携先の外部サイトを開きます)でご確認ください。
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2020/02/05   09:30 - 17:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。