logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

JSTQB認定テスト技術者 FLトレーニング (UFN36L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UFN36L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 100,000円 (税別)   +
期間 3日
コース概要 企業や組織の枠を超えたソフトウェアテストの基本的な手法や技法について、国際的に普及しているISTQBのシラバスに基づいて、効率的に学習します。ソフトウェアは、今や社会インフラ基盤を構築する重要な存在であり、ソフトウェアに起因する品質事故は、社会問題を引き起こします。ソフトウェアの品質確保は、ソフトウェア産業にとって、社会的責任とも言えます。 そのための重要な技術として、ソフトウェアテストがありますが、ソフトウェア技術者全員が、テスト技術を向上させなくては、品質はよくなりません。本コースでは、ソフトウェア業界全体で技術力を向上する手段の一つである、JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)資格認定取得のための、一般的なソフトウェアテストの知識を学習します。〔PDU:Technical 19.25〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ISTQB Foundation Levelに基づいたソフトウェアテストの基本的な手法や技法が説明できる。
2.ソフトウェアテストの基礎的な用語を理解し、自身のプロジェクトへ適用できる。
受講対象 開発者、テスト担当者、品質管理担当者、マネージャ、発注者として、システム開発やソフトウェアテストに関わる方
関連リンク
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 本コースは、日本科学技術連盟との提携コースのため、提携先で開催します。提携先のコース名は、「JSTQB認定ソフトウェアテスト技術者 -Foundation Levelトレーニングコース」です。
受講にあたって必要となる書類は日本科学技術連盟より送付されます。必ず内容をご確認のうえ、持参してください。本コースで使用する教材の著作権は日本科学技術連盟に帰属します。複製・改変などは行わないでください。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の7営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は9営業日前です。
また、コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
本コースは、2019年11月開催から新シラバス(2018年度版)へ移行します。11月開催では新旧のシラバスの違いをご説明しますが、それ以降の開催は新シラバスへ統一いたします。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ 上流/テスト(システムエンジニア)-レビュー/テスト技術
関連情報 PDU申請時のProvider No.、Activity No.は、「PDU対象コース【講習会】一覧」をご参照ください。
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2020/05/12   09:30 - 18:25
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。