• 受講スタイルアイコン
  • コースコード:
    UFY14R

【ライブ】Implementing Automation for Cisco Enterprise Solutions(ENAUI) v1

受講スタイル
ライブ研修
レベル:
応用・実践
学習期間
3日間
演習割合 講義4:演習6
演習割合 講義4:演習6

¥264,000 (税込)

¥240,000 (税別)

受講対象者

  • ネットワークエンジニア、システムエンジニア、ネットワーク管理者、無線LAN設計エンジニア、無線LANエンジニア、テクニカルソリューションアーキテクト、セールスエンジニア、アカウントマネージャー、保有シスコ認定をCE(継続教育プログラム)で更新予定の方、CCNPEnterprise認定取得を計画されている方、CCIEEnterpriseInfrastructure/Wireless認定取得を計画されている方
前提知識
前提知識として、下記3コースの受講、あるいは同等の知識をお持ちであることが必須です。□対象コース:CCNA・ENCOR・CSAU□対象知識:基本的なプログラミング言語概念・基本的な仮想化・SSHやbashなどのLinuxおよびCLIツール・CCNP Enterpriseレベルと同等のネットワーキング・Cisco DNA、Meraki、およびCisco SD-WAN

コース内容

このコースでは、プログラミングの概念、オーケストレーション、テレメトリ、および自動化ツールを使用して、プログラマビリティと自動化をCiscoのエンタープライズキャンパスと広域ネットワーク(WAN)に統合し、より効率的なワークフローと俊敏性の高いネットワークを作成する方法を学びます。最新のプログラミング言語、API、およびPython、Ansible、Gitなどのシステムを使用して、ビジネスオペレーションを自動化、合理化、および強化することにより、高い需要のスキルを獲得します。また、ネットワークのパフォーマンスと俊敏性を向上させるツール、方法、プロセスをカスタマイズするためのスキルと知識を習得します。※提携先のコース名は、「Implementing Automation for Cisco Enterprise Solutions(ENAUI) v1」です。お申込み前に必ず開催詳細を「関連情報」よりご確認ください。

到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  • 1.Cisco IOS-XE APIを使ってゼロデイ運用を実現し、トラブルシューティングを改善し、スクリプトを使用してCLIを補強し、Ansible/Pythonを使用して各種ワークフローを統合する
  • 2.モデル駆動型テレメトリの構成要素を説明する・Cisco DNA Centerが管理するCisco DNAインフラストラクチャの運用を自動化する
  • 3.Python、Ansible、およびPostmanを使用して設定、検証、ヘルスチェック、およびモニタリングを実現する・Cisco SD-WANソリューションコンポーネントについて説明する
  • 4.・Cisco SD-WAN APIと連携して構成、在庫管理、監視タスクを実行して、新支店サイトのプロビジョニングを自動化する・Cisco Merakiが管理するインフラストラクチャの運用を自動化する

開催スケジュール

日程(開始日)
時間
2024/07/24 2024/09/04 09:30 - 17:00

ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります(半日、短時間コースは除く)。

注意事項

  • 本コースは、トレノケート株式会社との提携コースであり、同社が開催します。お申込みや日程変更/キャンセル締切日はコース開始日の25営業日前です。Webサイトでのお申込締切日は27営業日前です。本コースの受講証明書はシスコ社より発行されます(発行基準 100%の出席)。
  • 提携企業のコースのため、お申込み受付後に満席となった場合はご受講いただけないことがあります。 内容は変更される可能性があります。
  • ご受講いただく方が変更になる場合は、開催元都合により開催日の前営業日までに必ずご連絡願います。
  • テキストは英語、講義は日本語で行います。本コースで利用する電子テキストの閲覧には、Cisco社へ登録したアカウントを使用します。アカウントがない場合、コース当日にテキストをご覧いただくことが出来ません。
  • コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。

ご受講にあたって

当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。
なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、「注意事項」にてご確認ください。

動作環境

Google ChromeブラウザとFirefoxブラウザの両方を使用します。(テキスト閲覧にGoogle Chrome、演習環境へのアクセスにFirefoxを使用します)

関連情報

開催詳細はこちら(提携先サイトを開きます)からご確認ください。

このコースを受けた人はこんなコースを受けています。

  • 受講スタイルアイコン
  • ネットワーク
  • UFY33R

【ライブ】速習BGP

  • #Cisco
  • レベル: 応用・実践
  • 学習期間: 2日間
  • 受講スタイルアイコン
  • ネットワーク
  • UFY35R

【ライブ】速習IPv6

  • #Cisco
  • レベル: 応用・実践
  • 学習期間: 2日間

受講スタイル

  • 集合研修
    集合研修

    会場に集まって学び合う対面形式の研修コース

  • ライブ研修
    ライブ研修

    インターネットを介して学び合う同期型の研修コース

  • サテライト講習会
    サテライト講習会

    インターネットを介して複数の会場からライブ配信でご受講する研修コース

  • ブレンド研修
    ブレンド研修

    複数の受講スタイルを組み合わせた研修コース

  • eラーニング
    eラーニング

    インターネットを介して学ぶ非同期型の研修コース

  • 実習付きeラーニング
    実習付きeラーニング

    Web上などで実機演習ができる非同期型の研修コース

  • e講義動画
    e講義動画

    当社集合研修の講義を撮影した動画コンテンツで学ぶ非同期型の研修コース

  • 通信教育
    通信教育

    課題提出・添削等を行う非同期型の研修コース

  • スキル診断
    スキル診断

    ITに関する実務能力や技術力を測定するアセスメント

  • 自習書
    自習書

    自己学習のための書籍や教材

  • チケット
    チケット

    資格受験や研修コース受講のためのチケット等

  • メディア
    メディア

    CD-ROMやDVDに入った学習ツール

閉じる×