logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  Cisco サイバーセキュリティの基礎 (SECFND) v1.0 (UFY39L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UFY39L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 400,000円 (税別)   +
期間 5日
コース概要 ネットワークインフラストラクチャデバイス、TCP/IPプロトコルスイートの運用と脆弱性、基本的な情報セキュリティの概念、一般的なネットワークアプリケーションの操作と攻撃、WindowsとLinuxのオペレーティングシステム、セキュリティインシデントの調査について学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.・様々なネットワークの概念を比較し、特性を説明できる・TCP/IPの基礎
2.・基本的なセキュリティの概念を比較し、説明できる・ネットワークアプリケーションとセキュリティ上の課題を説明できる
3.・基本的な暗号原理を理解できる・WindowsおよびLinuxで、イベントを識別するためのログデータの解釈を含む、エンドポイントの攻撃を理解できる
4.・データ及びイベントのソースやタイプの識別を含む、セキュリティ監視に関する知識を深める
5.・様々な攻撃方法、セキュリティの弱点、回避方法、リモートからローカルへの脆弱性悪用攻撃を把握する
受講対象 ・SOCにてセキュリティアナリスト担当の方・セキュリティインシデントの検出や対応を担当する方・ネットワークセキュリティサポートエンジニアの方・サイバーセキュリティ分野を学び始めた方・Ciscoチャネルパートナーの方
前提知識 ・ICND1を受講済、もしくはそれと同等の知識を有すること・Windowsの基本操作、Cisco IOSの基本操作・ICND2を受講済、もしくはそれと同等の知識が望ましい
注意事項 本コースは、トレノケート株式会社との提携コースのため、提携先で開催します。お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の25営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は27営業日前です。
提携先のコース名は、「Understanding Cisco Cybersecurity Fundamentals (SECFND) v1.0」です。
提携企業のコースのため、お申込み受付後に満席となった場合はご受講いただけないことがあります。あらかじめご了承ください。
テキストと演習ガイドは英語です。講義は日本語で行います。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ ネットワーク-Cisco