logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【e講義動画】データサイエンス入門~データ活用の観点と代表的な分析手法~ (UHD47D)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UHD47D
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 10,780 円(税込)  9,800円(税別)
期間 8週 標準学習時間 4時間
コース概要 本コースでは、さまざまなデータをビジネスに活用するための方法論「データサイエンス」について学習します。データ利活用人材の共通認識としての分析知識・スキルを実機操作デモを交えて説明します。AIを含むデータ利活用人材にとってベースとなる知識・スキルを習得できます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.分析計画立案の流れ・考慮事項を説明できる
2.データ加工・分析の代表的な手法を説明できる
3.分析課題に対して、どのような分析手法を適用できるかを選択できる
受講対象 AIを含むデータ利活用に関わるビジネスパーソン。たとえば、データ利活用プロジェクトのリーダーまたはICTの専門家(SE、情報システム部門)、現場の改善に関わる方、これから分析の専門家に従事する方、など
動作環境 OS×ブラウザ:Windows8.1・10×IE11・Edge・Chrome、iOS×Mobile Safari 音声:あり ※詳細は関連リンクの「体験版」に記載の動作環境を確認いただき、正常に動作するかを必ず事前にご確認のうえ、お申込みください。
関連リンク
前提知識 特にありませんが、次の技能・知識があることを推奨します。(1)Microsoft Excelなどの表計算ソフトウェアを操作できること(2)一次関数、累乗、平方根などの中等教育程度の算数・数学の知識があること(高等教育の数学は必要ありません)
注意事項 日程変更およびキャンセルは、受講開始日の5営業日前までとなります。e講義動画には、電子教材、紙教材のご提供はありません。
本コースには、実習・演習は含まれておりません。学習進捗率100%で修了となります。
このe講義動画は「データサイエンス入門~データ活用の観点と代表的な分析手法~」(UBU17L)の講義部分を動画として提供するものです。該当コースを受講済みの方は、内容が重複しますのでご了承ください。
相関や回帰分析、t検定などは、「ビジネス分析のための統計学入門」コースと内容が重複します。
関連コース
関連コースマップ システム基盤共通-データサイエンス
開催スケジュール
日程
2022/01/31   2022/02/07   2022/02/14   2022/02/21  
2022/02/28   2022/03/14   2022/03/21   2022/03/28  
2022/04/04   2022/04/11   2022/04/18   2022/04/25  
2022/05/02   2022/05/09   2022/05/16   2022/05/23  
2022/05/30   2022/06/06   2022/06/13   2022/06/20  
2022/06/27   2022/07/04   2022/07/11   2022/07/18  
2022/07/25   2022/08/01   2022/08/08   2022/08/15  
2022/08/22   2022/08/29   2022/09/05   2022/09/12  
2022/09/19   2022/09/26  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【e講義動画】アジャイル開発 はじめの一歩 (UHD45D)
    アジャイル開発に取り組む前に、押さえておきたい基本的な考え方を説明します。また、アジャイル開発に対するよくある誤解や不安に思われることをピックアップして解説します。
  • ニフクラ/FJcloud-V講座 入門編 eラーニング(認定試験つき) (UBS09D)
    ニフクラは、VMwareのテクノロジーをベースとした、国産のパブリッククラウドコンピューティングサービスです。高いパフォーマンス、従量課金制、必要に応じて利用・停止できるオンデマンド性などの特徴を、講義によって理解し講師による実習の動画を視聴し、操作方法を学びます。最後に...
  • デザイン思考で新しいソリューションを見つける (UBC19B)
    デザイン思考は、デザイン界の手法からヒントを得て、組織のイノベーションを促進するために構築された分野です。このコースではデザイン思考を理解するために、7つのステップを学習します。各ステップを学習するうちに、デザイン思考を活用した問題の解決に近づきます。