logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

作って学ぶ IoT基礎 ~センサーデータの収集、蓄積、分析、フィードバックまで~ (UIT03L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UIT03L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 49,500 円(税込)  45,000円(税別)
期間 1日
コース概要 本コースでは、Internet of Things(IoT)の一連の流れ(センサーデータの収集、蓄積、分析、フィードバック)を実デバイスやクラウドサービスを用いて、簡単なプロトタイプシステムを構築しながら学習します。また、IoTシステムにおいて、クラウドサービスを使用する際の検討事項や注意点について紹介します。なお、実デバイスにはRaspbianを搭載したRaspberry Piを、クラウドサービスにはMicrosoft Azureで提供されている各種サービスを使用します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.IoTを支えるシステムの構成要素と各技術の概要について説明できる。
2.デバイスからセンサーデータの収集の流れと考慮事項が説明できる。
3.収集したセンサーデータをクラウド上に蓄積する場合の考慮事項が説明できる。
4.クラウド上に蓄積されたデータを用いた簡単な分析(Azure Machine Learningによる教師あり機械学習)を行う際の流れが説明できる。
5.分析で得られた結果をフィードバックする場合の考慮事項が説明できる。
受講対象 IoTの全体像について実際に体験したい方。
関連リンク
前提知識 ICTの基礎知識(Windowsやブラウザなどの操作等)を有すること。プログラミングの経験(言語は問いません)があることが望ましい。
注意事項 デバイスにはRaspbianを搭載したRaspberry Piを、クラウドサービスにはMicrosoft Azureで提供されている各種サービスを使用します。デバイスやクラウドサービスは予告なく変更することがあります。
IoTのためのハードウェア・電子部品の詳細については、「IoT入門」(UIT01L)コースで扱います。本コースでは、ハードウェアや電子部品の前提知識を必要としていません。
センサープログラミングの詳細については、「体験!IoT~Raspberry Piによるセンサープログラミング入門~」(UIT02L)コースで扱います。本コースでは、センサープログラミングの前提知識を必要としていません。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ システム基盤共通-IoT
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/11/02   2021/11/29   2021/12/14  
2022/01/14   2022/02/07   2022/03/01  
2022/03/25  
09:30 - 17:30
名古屋 2021/11/12   2022/01/19   09:30 - 17:30
大阪 2022/02/18   09:30 - 17:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 体験!IoT~Raspberry Piによるセンサープログラミング入門~ (UIT02L)
    IoTの概要やセンサーアクセスについて、講義と実習によって学習します。実機操作を通してIoTを体感するため、Raspberry Pi(Raspbian)を使用します。実習では、Raspberry Piのセットアップ手順から基本的な操作方法までを習得します。また、温度計や湿度計などのセンサーで取得した情報...
  • カスタマージャーニーマップによる価値提案の描き方 (UAM02L)
    新しいビジネスを創出していくためには、観察によってユーザーの思考・行動を理解し、新しい価値提案に繋げるアプローチが求められます。本コースでは、ユーザーが製品やサービスを利用する一連の体験を「カスタマージャーニーマップ」によって可視化し、ユーザーの思考・行動を分析する...
  • ワークショップで学ぶUXデザイン (UZS31L)
    人間中心設計プロセス(利用の状況の把握と明示、ユーザと組織の要求事項の明示、設計による解決策の作成、要求事項に対する設計の評価)に基づいて、ユーザビリティエンジニアリングの代表的な手法(インタビュー手法、ユーザ分析、プロトタイピング、ユーザビリティテスト)をケースス...