logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

ネットワークの基礎ステップアップ運用編~初歩から学ぶ、通信解析&ログ監視~ (UJE84L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UJE84L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 77,000 円(税込)  70,000円(税別)
期間 2日
コース概要 業務のデジタル化が進むにつれ、ネットワークに流れるデータ量が増加し複雑化する中、安定した業務ネットワークを維持するための運用知識が重要となっています。本コースでは、ベンダに依存しない代表的な通信の仕組みやログの見方など、運用に必要な基礎知識を講義と実習を通して体系的に学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ネットワークの基本的な運用方法を理解し、説明できる
2.主要なパケット(Ethernet、IP、TCPなど)の構造や流れを理解し、説明できる
3.ネットワーク装置の代表的なログの取得方法と見方を理解し、説明できる
4.ツールを使用して、パケットの取得と解析の基本的な分析作業ができる
受講対象 ネットワークの知識を深めたい方。これから社内外のネットワークの運用管理を担当される方。ネットワークのトラブル対応力を高めたい方。
前提知識 IPネットワークの基礎知識(TCP/IP、アドレッシング、ルーティング)を理解していること。もしくは、「ネットワークの基礎」(UJE76L/旧UJE39L)コースを修了済みであること。
注意事項
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <前提コース>ネットワークの基礎
<上位コース>LAN/WANの構築実習・実践トレーニング(富士通製品編)
関連コースマップ ネットワーク-構築運用技術
関連情報 本コースのライブコース
本コースのサテライトコース
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/02/09   2022/06/02   2022/09/01  
09:30 - 17:30
名古屋 2022/03/14   2022/05/30   2022/08/09  
09:30 - 17:30
大阪 2022/02/03   2022/05/16   2022/07/28  
09:30 - 17:30
ご受講前に「講習会受講票」で開始・終了時間、集合研修の場合は、併せて会場(教室番号)を必ずご確認ください。なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
※「講習会受講票」については、開始日の1週間前までにご案内いたします。(新入社員研修を除く)
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • ネットワークの基礎ステップアップ編~使って学ぶ、ネットワークサービス&ルータ~ (UJE80L)
    「ネットワークの基礎」(UJE76L)で概要を説明したDHCP/DNSサーバや、ルータの動作を学習します。IPネットワークの基礎知識を理解した方が関連するネットワークサービス(DHCP、DNS、Proxy)の動作についてより深く理解したい方が対象です。実習ではWindowsなど、複数の仮想マシンを使...
  • VMware vSphere基礎 (UBS71L)
    サーバ仮想化ソフトウェアである「VMware vSphere 」の基礎知識とvSphereを使用したシステム構成(富士通ハードウェア)のポイントを講義と実習を交えて学習します。VMware vSphere を構成するコンポーネント(ESXi、仮想マシン、vCenter Server、vMotion、DRS、HAなど)の機能概要や特徴...
  • プログラム開発におけるレビュー・テスト技術の基礎 (UZS08L)
    プログラムの品質を確保するためのレビューとテストの基本的な技術(レビューの進め方、テスト技法)について、講義と演習を通じて学習します。演習はグループ形式でレビューやテスト技法の確認・テスト項目抽出・品質評価などを行い、講義内容の理解を深めます。