logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  【ライブ】 システム要件定義の基礎 (ULC21R)


本コースは、オンライン(ライブ配信)でご受講いただくコースです。
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード ULC21R
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 83,600 円(税込)  76,000円(税別)
期間 2日
コース概要 情報システム開発におけるシステム要件定義の基本的な作業内容と要求工学の基本について講義と演習で学習します。要求工学の基本を踏まえ、機能と非機能(性能、信頼性など)の両面を考慮する必要があるシステム要件の定義について、その重要性や作業内容、事業要件、業務要件との整合性確認などについて学習します。また、次工程で行うシステム設計とのつながりについても学習します。演習では自身の要件定義作業の振り返りや要件定義に関する情報共有、ディスカッション、および事例業務における各要件定義の整合性確認を行います。〔PDU:Strategic 13〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.要件定義におけるシステム要件定義の位置づけや重要性を理解する。
2.要求の分類、要求プロセス、要求管理など、要求工学の基礎的な事項を理解する。
3.システム要件定義を行うに当たって、事業要件や業務要件を確認する重要性を理解する。
4.システム要件定義の作業内容や代表的な成果物について理解する。
5.システム要件定義の評価に当たって、業務要件との整合や後続のシステム設計の実現性を確認する重要性を理解する。
受講対象 システム開発において、システム要件として機能要件、非機能要件の両方の定義に携わる方。
関連リンク
前提知識 システム開発工程の全体像、およびOS、ネットワーク、DB、プログラムの概念や役割など基本的なIT技術に関する知識があること。
注意事項 本コースはオンライン(ライブ配信)です。ご自宅やサテライトオフィス でご受講いただくコースです。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <前提コース>システム開発の基礎
関連コースマップ 上流/テスト(システムエンジニア)-要求分析/要件定義
ITSSレベル 【アプリケーションスペシャリスト育成】  -  メソドロジ  [2-3]
関連情報 ライブ配信接続パターンは、「1.ビデオ会議ツールのみ」になります。
開催スケジュール
日程 時間
2021/12/21   2022/01/20   2022/03/03   09:30 - 17:00
ご受講前に「講習会受講票」で開始・終了時間、集合研修の場合は、併せて会場(教室番号)を必ずご確認ください。なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
※「講習会受講票」については、開始日の1週間前までにご案内いたします。(新入社員研修を除く)
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】業務分析設計概説~システム開発における要件定義のまとめ方~ (ULC20R)
    情報システム開発における要件定義のうち、業務要件定義を中心に作業手順や主な成果物を講義と演習で学習します。情報システム開発における要件には大きく、経営要件、業務要件、システム要件があります。業務要件を明確に定義するには、その前提となる経営要件を確認したり、後続するシ...
  • 【ライブ】アプリケーションテスト 実践トレーニング (ULD25R)
    結合テスト・システムテストの目的、作業、範囲、テスト項目抽出の観点を明確にし、効果的な結合テスト・システムテストを実施する方法について学習します。演習では、システム仕様書や設計ドキュメントを基にテスト項目のレビュー・抽出などを行い、講義内容の理解を深めます。
  • 【ライブ】基礎から学ぶ!Excelマクロ機能による業務の自動化 (ULD15R)
    Excelを使用した日常の繰り返し作業を自動化することのできる「マクロ機能」について基礎から学習します。マクロ記録機能を利用することで、一からプログラムを書くことなく作業を自動化することができます。本コースでは、マクロ記録機能の基本的な使用方法と、様々な活用シーンを想定し...