logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  【ライブ】オブジェクト指向基礎 ~基本概念とUML~ (ULC28R)


本コースは、オンライン(ライブ配信)でご受講いただくコースです。
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード ULC28R
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 83,600 円(税込)  76,000円(税別)
期間 2日
コース概要 システム化対象を把握するための考え方の1つであるオブジェクト指向について講義と実習により学習します。オブジェクト指向に必要な基本概念(オブジェクト、クラス、カプセル化、情報隠ぺい)と、システム開発作業において利用頻度の高いUMLダイアグラム(クラス図、オブジェクト図、シーケンス図、ユースケース図)について修得します。実習では実際にUMLダイアグラムを作成し、オブジェクト指向の考え方について理解を深めます。本コースで使用するUMLはUML2.0に対応しています。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.オブジェクト指向の基本概念(オブジェクト、クラス、インスタンス、カプセル化、継承、ポリモフィズムなど)を理解する。
2.オブジェクト指向の表記法の国際標準である UML(Unified Modeling Language)の概要、ユースケース図、クラス図、オブジェクト図、シーケンス図などの記述内容を理解する。
3.オブジェクト指向の開発作業(ユースケース、シナリオ分析など)を理解する。
受講対象 オブジェクト指向技術を用いてシステム開発をする方。
関連リンク
前提知識 プログラミング経験、またはシステム開発経験があること。
注意事項 本コースはオンライン(ライブ配信)です。ご自宅やサテライトオフィスでご受講いただくコースです。
本コースは、「オブジェクト指向基礎 ~基本概念とUML~」(UAV83L)コースのライブ配信版です。
実習はMicrosoft PowerPointが必要です。なお、実習はMicrosoft PowerPoint for Office 365(バージョン2002)で動作検証済みです。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース
関連コースマップ 上流/テスト(システムエンジニア)-UML/分析・設計
ITSSレベル 【共通スキル】  -  テクノロジ/メソドロジ  [1]
関連情報 ライブ配信接続パターンは、「1.ビデオ会議ツールのみ」になります。
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/02/21   09:30 - 16:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • BABOK V3.0入門 (UAU68L)
    業務分析(ビジネスアナリシス)における知識や実施すべきことを整理したBABOK(Business Analysis Body of Knowledge)について学習します。BABOKの狙いと全体像を把握し、ビジネスアナリシスの位置づけを理解します。また、知識エリアごとの活用ポイントを学ぶことで、超上流工程(シス...
  • 【ライブ】プログラム開発におけるレビュー・テスト技術の基礎 (ULD24R)
    プログラムの品質を確保するためのレビューとテストの基本的な技術(レビューの進め方、テスト技法)について、講義と演習を通じて学習します。演習はグループ形式でレビューやテスト技法の確認・テスト項目抽出・品質評価などを行い、講義内容の理解を深めます。
  • 【ライブ】アプリケーションテスト 実践トレーニング (ULD25R)
    結合テスト・システムテストの目的、作業、範囲、テスト項目抽出の観点を明確にし、効果的な結合テスト・システムテストを実施する方法について学習します。演習では、システム仕様書や設計ドキュメントを基にテスト項目のレビュー・抽出などを行い、講義内容の理解を深めます。