logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【ライブ】デザイン思考の基礎 ~ビジネス価値を見出すために~ (ULD08R)


本コースは、オンライン(ライブ配信)でご受講いただくコースです。本コースの詳細は動画でもご紹介しています。詳細は関連情報をご参照ください。
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード ULD08R
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 97,900 円(税込)  89,000円(税別)
期間 2日
コース概要 現在、「デザイン」という概念は製品から、サービスやデジタル・ビジネスにまで拡張されつつあります。本コースでは、幅広い視野からイノベーションを創出する方法論として注目されている「デザイン思考」について、[観察→直観や内省によるコンセプトづくり→実現のためのモデル化]という基本プロセスを学び、身の回りに潜んでいるビジネス価値を見出すスキルを高めます。[PDU:Business Acumen 14]
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.新しい「デザイン」という概念を理解する。
2.「デザイン思考」の方法論を学び、実践できる。
3.業務におけるイノベーション創発に活かす方法を身に着ける。
受講対象 現状の仕事を新しくとらえ直し、より大きな価値づくりを実現したい方。
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 本コースは「デザイン思考の基礎 ~ビジネス価値を見出すために~」(UAF25L、UAF79L)と内容が重複いたします。
本コースはオンライン(ライブ配信)です。ご自宅やサテライトオフィス でご受講いただくコースです。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、学習スタイルや教材の種類によって、お申込み時のコースコードが異なります。コースコードは、以下リンクよりご確認ください。
春の開催日程・会場
秋の開催日程・会場
※新入社員研修で使用する電子教材に関する詳細は、新入社員研修FAQ-電子教材配信サービス(KnowledgeR@ck)でご確認ください。
関連コース
関連コースマップ リーダーシップ-ビジネスプロデュース
関連情報 ライブ配信接続パターンは、「1.ビデオ会議ツールのみ(Zoom)」になります。
PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。
PDU対象コース【講習会】一覧
本コースについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの「動画」をご覧ください。
開催スケジュール
日程 時間
2023/02/16   2023/03/02   2023/03/28   2023/04/10  
2023/05/15   2023/06/15   2023/07/31   2023/08/29  
09:30 - 17:30
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】アジャイル開発 はじめの一歩 (ULD26R)
    アジャイル開発に取り組む前に、押さえておきたい基本的な考え方を説明します。また、アジャイル開発に対するよくある誤解や不安に思われることをピックアップして解説します。
  • 【ライブ】ビジネスモデルの基本 (ULD96R)
    ビジネスモデルが着目される背景や、ビジネスモデルを検討するためのツールを学んだ上で、ワークショップにて、特徴ある企業のビジネスモデルを描き、ビジネスを紐解く力を身につけます。グループ内で意見を出し合い、多様性や網羅性を意識し、自らの新しいビジネス創出のための活用方法...
  • 【集合】技術文書をもっとわかりやすく書く~誤解されない文書を書くテクニック~ (UAF30L)
    仕様書、要件定義書などの技術文書は、仕様、要件などが正しく書かれていれば問題なく相手に伝わると考えがちです。しかし、技術的内容が正しくても、文そのものがわかりにくいために、誤解を生んだり、問い合わせが発生したりすることがあります。本コースでは、技術文書をわかりやすく...