logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  【ライブ】業務に役立つ!Excelによるデータ活用(集計編) (ULD14R)


本コースは、オンライン(ライブ配信)でご受講いただくコースです。
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード ULD14R
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 33,000 円(税込)  30,000円(税別)
期間 1日
コース概要 既存のデータを活用できずに悩んでいる方はいませんか?本コースでは、データの並び替えや、複雑な計算や操作をすることなくドラッグ&ドロップするだけでデータ集計できるピボットテーブル、さまざまな視点で集計を行うために、元データを適切に加工するための関数など、既存の大量データを効率よく集計する実践的な手法を実習を通して学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.ピボットテーブルを利用して多角的な集計ができる。
2.関数を利用して集計に必要なデータ加工ができる。
3.関数を組み合わせて柔軟的なデータ処理を実現できる。
受講対象 Excelを利用してデータベース集計をする方。
関連リンク
前提知識 関数を使った数式の入力および修正ができること。
注意事項 本コースはオンライン(ライブ配信)です。ご自宅やサテライトオフィス でご受講いただくコースです。
本コースでは3つのウィンドウ(電子教材・講義ツール・ブラウザ)を使用するため、モニターを2つ以上ご用意されることをおすすめします。
実習は、Microsoft Excel 2016、2019、Microsoft Excel for Office 365(バージョン2002)で動作検証済みです。
テキストの操作手順に従って進めるハンズオン形式の実機操作を行います。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <上位コース>基礎から学ぶ!Excelマクロ機能による業務の自動化
<上位コース>【e講義動画】基礎から学ぶ!Excelマクロ機能による業務の自動化
関連コースマップ 業務改善/IT活用-改善の実行/システム化
関連情報 ライブ配信接続パターンは、「3.ビデオ会議ツール + クラウド接続」になります。
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/02/07   2022/03/22   09:30 - 17:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】基礎から学ぶ!Excelマクロ機能による業務の自動化 (ULD15R)
    Excelを使用した日常の繰り返し作業を自動化することのできる「マクロ機能」について基礎から学習します。マクロ記録機能を利用することで、一からプログラムを書くことなく作業を自動化することができます。本コースでは、マクロ記録機能の基本的な使用方法と、様々な活用シーンを想定し...
  • 【ライブ】体験!ディープラーニング (ULD69R)
    ディープラーニングの基本的な概念である、ニューラルネットワークの構造とニューラルネットワークの中を情報が伝播していく仕組みを学習します。ハンズオンでは、ディープラーニングの代表的な活用分野である画像分類をとおして、分類精度を向上させていくプロセスを体験します。
  • 【ライブ】業務に役立つ!効果的なPowerPoint資料の作成方法 (ULD49R)
    PowerPointの基本操作ができる方を対象に、直感的に伝わるプレゼンテーション資料の作成方法を学習します。題材をもとにスライドを作成し、Before-After形式で比較することで、キーメッセージを効果的に相手へ印象づける観点を講義と実習を通して習得します。