logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【ライブ】プロジェクトマネジメントの基礎 (ULD19R)


本コースは、オンライン(ライブ配信)でご受講いただくコースです。
本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード ULD19R
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 46,200 円(税込)  42,000円(税別)
期間 1日
コース概要 プロジェクトの開始から終了までの全体的な流れ、およびその流れの中でのプロジェクトマネージャとして、意識するべき観点について、講義を中心に基礎的な事項を学習します。〔PDU:Technical 7〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.プロジェクトマネジメントの必要性とプロジェクトマネージャの役割を理解する。
2.プロジェクトの立ち上げと計画について基礎的事項を理解する。
3.プロジェクトの実行と監視コントロールについて基礎的事項を理解する。
4.プロジェクトの終結について基礎的事項を理解する。
受講対象 これから、プロジェクトマネージャとして、プロジェクトマネジメントを行う方。または関係者としてプロジェクトにかかわる方。
関連リンク
前提知識 システム構築プロジェクトに参画し、設計から稼動までの作業を経験していること。またはそれらの作業を理解していること。
注意事項 本コースはオンライン(ライブ配信)です。ご自宅やサテライトオフィス でご受講いただくコースです。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <前提コース>プロジェクトマネジメント超入門 ~プロジェクトの「ナゼ?」に答える~
<上位コース>プロジェクトマネジメントの技法
<上位コース>システム開発におけるWBS作成と見積り
関連コースマップ プロジェクトマネジメント-プロジェクトマネジメント全般スキル
ITSSレベル 【コンサルタント育成】  -  プロジェクトマネジメント  [2-3]
【プロジェクトマネジメント育成】  -  プロジェクトマネジメント  [2]
関連情報 ライブ配信接続パターンは、「1.ビデオ会議ツールのみ(Zoom)」になります。
PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。
PDU対象コース【講習会】一覧
開催スケジュール
日程 時間
2022/07/08   2022/08/02   2022/09/21   2022/10/26  
2022/11/24   2022/12/14   2023/01/30   2023/02/24  
2023/03/17  
09:30 - 17:30
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】基礎から学ぶシステム運用管理・実践トレーニング (ULD41R)
    障害対応、システム変更対応、サービスレベル設定など、システム運用管理における基本作業を正確かつ効率的に行う方法について、講義と演習により学習します。演習では、サービス業のシステム運用管理事例を題材とし、グループ討議形式で問題点の洗い出しと改善案の策定を行い、各運用管...
  • 【ライブ】これだけは押さえておきたい 要件定義ドキュメント作成演習 (ULD51R)
    要件定義工程の品質向上には、ドキュメントの作成技術が必要になります。要件定義工程のドキュメントは要件をまとめるための書式です。この書式を使って、お客様との合意形成を進める、次工程である設計工程に正確に要件の情報を伝えるといった重要な役割を持っています。要件定義工程で...
  • 【ライブ】システム品質の基礎 (ULD53R)
    システムの品質を確保するには、現状を分析し問題の早期発見をすることが重要です。本コースでは、データを使った品質分析の必要性と、実際に分析を行うための手法であるQC7つ道具(パレート図、特性要因図、ヒストグラムなど)と統計的手法(正規分布、四分位範囲、箱ひげ図など)の活用...