logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  【ライブ】Leading SAFe (ULD88R)


本コースは、オンライン(ライブ配信)でご受講いただくコースです。

学習形態 講習会(集合教育) コースコード ULD88R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 150,000円 (税別)   +
期間 2日
コース概要 Scaled Agile Framework(SAFe)を活用して、リーン・アジャイル・エンタープライズをリードするための必要な知識を習得します。リーン、システム思考、アジャイル開発、製品開発フロー、および DevOpsから派生した基本原則について学びます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Scaled Agile Framework(SAFe)を活用して、システム企画や開発をリードするための必要な基本知識を理解する
受講対象 Scaled Agile Framework(SAFe)の基本知識を身につけたい方(管理職、プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダーなど)
動作環境 環境をご用意いただけない方、環境構築が困難な方は、受講していただくことができません。OS:Windows8.1、Windows10 (Core i5以上)、macOS 10.15、ブラウザ:Google Chrome、その他ツール:Zoom、Google classroom、Slack、Webカメラ/マイク/ヘッドフォン(必須)、外部ディスプレイ(推奨)
前提知識 ソフトウェア開発、テスト、ビジネス分析、プロダクトまたはプロジェクト管理において5年以上の経験があること。スクラムの経験があること。あるいは同等の知識を有すること。スクラムについては「アジャイル開発手法によるシステム開発」(UBS99L)コース、または「スクラム研修 ~アジャイル開発のチームマネジメント~」(UBS80L)コースで学べます。
注意事項 トレーニング教材は、Scaled Agile, Inc.が提供する教材(英語)であり、スライドやテキストは英語になります。講義は日本語で行います。
テキスト提供や認定試験受験のために 受講者情報をScaled Agile,Inc.へ提供します。トレーニング終了後にScaled Agile,Inc.が運営するサイトで認定試験の受験が可能です。詳細はサイトにてご確認ください。https://www.scaledagile.com/certification/courses/leading-safe/
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、トレーニング開始日の7営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は7営業日前です。
トレーニングはZoom配信で行います。トレーニング内ではGoogle Chrome、Google classroom、Slackを使用しますので、接続できる環境をご用意ください。Googleアカウントはご自身でご用意ください。お持ちでない方はGoogleアカウント(無償版)を事前にご用意ください。
Webカメラ/マイク/ヘッドフォン(必須)、外部ディスプレイ(推奨)です。ライブ配信接続方法の詳細はサイトにてご確認ください。https://www.knowledgewing.com/kw/service/live/info.html
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>アジャイル開発手法によるシステム開発
<前提コース>スクラム研修 ~アジャイル開発のチームマネジメント~
関連コースマップ 上流/テスト(システムエンジニア)-アジャイル開発
関連情報 ライブ配信接続パターンは、「1.ビデオ会議ツールのみ」になります。
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2020/10/21   09:00 - 18:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。